2018.12.14 01:26

【デュエルマスターズ】轟轟轟ブランド(赤白ブランド、赤単ブランド)の解説とデッキレシピ


”轟轟轟”ブランド2

デュエルマスターズの環境デッキ、轟轟轟ブランド(ゴゴゴブランド)のデッキレシピ。

轟轟轟ブランド


”轟轟轟”ブランド2

エースカード:”轟轟轟”ブランド

目次




デッキレシピ


※デッキレシピはCS入賞者の構築を参考に構築しております。
(その結果、40枚同じになるケースがあります。あらかじめご了承下さい。)


赤白ブランド


ガチャログ.com | 赤白ゴゴゴ
【赤白ゴゴゴ】
枚数
商品名
40枚
メインデッキ
4枚
ヘブンズ・フォース
4枚
奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ
3枚
ナゾの光・リリアング
3枚
瞬封の使徒サグラダ・ファミリア
1枚
制御の翼 オリオティス
1枚
予言者クルト
2枚
希望の親衛隊ラプソディ
4枚
轟車 “G-突”
4枚
“轟轟轟”ブランド
2枚
凶戦士ブレイズ・クロー
2枚
スニーク戦車 オーリー/トゲ玉・キャノンボール
2枚
ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー
3枚
超次元サプライズ・ホール
4枚
グレイト“S-駆”
1枚
禁断 ~封印されしX~ / 伝説の禁断 ドキンダムX
0枚
超次元ゾーン
0枚
FORBIDDEN STAR

このリストはガチャログ.comによって作られました。
このリスト登録番号「97616464」をガチャログで編集できます。



赤単ブランド


4 x 凶戦士ブレイズ・クロー
4 x グレイト ”S-駆”
4 x 螺神兵ボロック
4 x ホップ・チュリス
4 x ミサイル”J-飛”
4 x ニクジール・ブッシャー
4 x ”轟轟轟”ブランド
4 x ドリル・スコール
4 x スチーム・ハエタタキ
4 x ”罰怒”ブランド

DMvault用ハッシュ:ed3b90276521d88de5bc11a137928231
最終更新:11月6日


デッキの概要(赤白ブランド)


  • 低コストのクリーチャーを展開して序盤から速攻戦法を仕掛ける

  • 《ヘブンズ・フォース》または《”轟轟轟”ブランド》もしくはその両方で打点を形成、一気に攻め込む


  • 序盤~終盤の展開


    序盤


    コスト1のアタッカーを展開

    序盤~中盤


    《ナゾの光・リリアング》を引いていれば召喚。
    その後さらに《ヘブンズ・フォース》か《超次元サプライズ・ホール》を引いていれば、唱える。

    《ヘブンズ・フォース》を引いていれば唱えて手札からクリーチャーを2~3体展開する。
    これにより手札が1枚まで減っていて、なおかつ《”轟轟轟”ブランド》を引いていれば、召喚して攻め込む。

    デッキの概要(赤単ブランド)


  • 低コストのクリーチャーを展開して序盤から速攻戦法を仕掛ける

  • 《ニクジール・ブッシャー》や《”轟轟轟”ブランド》、《”罰怒”ブランド》(or《龍装者バルチュリス》)を駆使する事で安定した3ターンキルを実現


  • 序盤~終盤の展開


    序盤


    コスト1のアタッカーを展開
    《ニクジール・ブッシャー》を引いていれば効果を使用して、先ほど召喚したクリーチャーと手札1枚、シールド1枚を山札の下に置いてコストを支払わずに召喚する。
    先行であれば手札が1枚なので、それが《”轟轟轟”ブランド》なら召喚する。

    序盤~中盤


    さらにコスト1のアタッカーを展開。これにより手札を減らしてG・G・Gの条件を満たして、《グレイト”S-駆”》《ミサイル”J-飛”》をスピードアタッカー化させたり、《”轟轟轟”ブランド》をマスターG・G・Gで召喚して攻め込む。

    《”罰怒”ブランド》で攻める場合→2ターン目はあえて動かず手札をキープしておき、3ターン目にコスト1のクリーチャーを2体召喚して、マスターB・A・Dで《”罰怒”ブランド》を召喚して攻め込む。


    コメント: コメント(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    安くて強いデッキクイズコーナー相場情報構築済みデッキランキング

    記事検索
    スポンサードリンク
    スポンサードリンク
    スポンサードリンク
    頂き物



    top_サムネイル

    ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

    tanyさんからの頂き物

    tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

    20151011.jpg

    ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。