デュエル・マスターズ通販サイト⇒
2021.03.11 00:31

【デュエルマスターズ】”ボルシャック英雄譚”にとって《ボルシャック・ドラゴンGS》は中々ありがたい存在なのではないかという話


ジャストフィットかもしれない

ボルシャック・ドラゴンGS4

先日公開された新カード、《ボルシャック・ドラゴンGS》。
その性能は初代《ボルシャック・ドラゴン》に、新能力G・ストライクを追加したもの。

ですが、流石に20年前のカードにG・ストライクが追加されただけでは流石に戦えるレベルの強さとはならず。
中には《ボルシャック・ドラゴンGS》ではなく《ボルシャック・ドラゴンGR》なら強かったのにという声さえも見かけられました。

ボルシャック・ドラゴンGS5

その結果、微妙評価が80%という結果に。評価自体は妥当だと思いますが、この《ボルシャック・ドラゴンGS》のようなカードをずっと欲してたデッキがあります。

ボルシャック・クロス・NEX/ボルシャック英雄譚

それが”ボルシャック英雄譚”です。

聖竜ボルシャック・ウルフェウス

主に《聖竜ボルシャック・ウルフェウス》から《ボルシャック英雄譚》を踏み倒し、その効果でボルシャックを大量展開するデッキで、もし《ボルシャック英雄譚》で《聖竜ボルシャック・ウルフェウス》が捲れると、さらにもう1枚《ボルシャック英雄譚》を発動させて大量展開を狙うこともできる非常にロマンのあるデッキです。

が、

ボルシャック・クロス・NEX/ボルシャック英雄譚ボルシャックライシス・NEX

《ボルシャック英雄譚》で捲れる6枚の中に1枚だけこれらがあってもトドメまでは刺せない(*1)ため、捲れた非進化ボルシャックを出した上で、同時に捲れた《ボルシャック・ドギラゴン》や《聖竜ボルシャック・ウルフェウス》を重ねて打点を増強する必要がある場合も多く、デッキ内の”ボルシャック”比率はあまり下げられません。

*1・・・素で発動した場合。《聖竜ボルシャック・ウルフェウス》のからの場合は《ボルシャックライシス・NEX》であればダイレクトアタックが可能。

メンデルスゾーン雷龍ヴァリヴァリウス

一方、《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》以外の初動や踏み倒し枠のカードは”ボルシャック”ではありませんし、

ボルシャック・ドギラゴン

名前にボルシャックを持つクリーチャー唯一の受け札である《ボルシャック・ドギラゴン》も進化クリーチャーであるため、《ボルシャック・ドギラゴン》や《聖竜ボルシャック・ウルフェウス》を重ねて殴るにしても、ある程度の枚数の非進化ボルシャックが必要となります。

ボルシャック・ドラゴンGS4

そんな中で登場したこの《ボルシャック・ドラゴンGS》は、非進化のボルシャックでありつつもG・ストライク能力で受けとして活躍してくれるため、”ボルシャック”の比率を下げずに受け札を追加することができます。

もともと一発耐えれば逆転が狙えるデッキタイプであり、できれば受け以外のところにボルシャックでないカードを割り当てたいこのデッキにとって、名前に持つボルシャックを持つ受け札の増加は願ってもないことであり、単体で見れば微妙な性能も、ボルシャック英雄譚にとってはマスターピースともいえる存在に思えます。

ボルシャック・大和・モモキングボルシャック・モモキング

また、《ボルシャック・大和・モモキング》や《ボルシャック・モモキング》、さらには《ボルシャック・サイバーエクス》など、最近やたらと名前にボルシャックを持つカードが登場しているので、《超竜キング・ボルシャック》や《ボルシャック英雄譚》、《ボルシャック・ファイアー》のような名称指定カードが追加されれば、さらに評価も変わりそうです。

それではまた。
コメント: コメント(14)
ボルシャックウルフェウスから英雄譚打つのが主ならば、捲れるのがクライシス1枚でも打点が足りるのでは…?
[ 2021/03/11 00:59 ] [ 編集 ]
ボルシャック・バディ・ドラゴンがデュエプレから来れば4マナでキング・ボルシャック出せるのにな
[ 2021/03/11 02:13 ] [ 編集 ]
決闘者チャージャーに対応するからまあ弱くはないと思う
それでもバトクロスとシシオーカイザーの枠を奪うほどではないんだろうけど
[ 2021/03/11 07:29 ] [ 編集 ]
こういう名称サポートや特定条件を満たすカードが多数必要なコンボデッキを、必要枠が多すぎてデッキにならない(それ以外に枠を割けない)状態から必要枠内でそれ以外も兼任させてとりあえずデッキとして成立させられる、
って意味ではGSやツインパクトって結構画期的な発明だと思うんだよね。

ボルシャックデッキのボルシャックGSとかキャプテンドラッケンのルピアGSとか

その成立したデッキが強いかどうかは別問題だから、それでデッキを組む旨味のあるGSが出るかどうかだと思う
[ 2021/03/11 10:22 ] [ 編集 ]
中には《ボルシャック・ドラゴンGS》ではなく《ボルシャック・ドラゴンGR》なら強かったのにという声さえも見かけられました。
[ 2021/03/11 10:42 ] [ 編集 ]
テスタロッサ君も救って公式
[ 2021/03/11 11:28 ] [ 編集 ]
受けとしては所詮一体止めるだけだし出てもほぼバニラだしでどっちつかずだから英雄譚デッキでも採用するか微妙じゃねえの
とりあえず入れてみるけど回してみてきちんとした受けか攻撃するための札にした方がいいなって抜けるビジョンしか見えん
[ 2021/03/11 12:41 ] [ 編集 ]
進化元にもなるし受けも攻めもこなすってんならスーパーヒーローでも入れた方がましだな
今なら全体3000火力はそこそこ刺さりやすい
[ 2021/03/11 15:26 ] [ 編集 ]
ツヴァイのフルパワー理論の動画が、GSの登場にはしゃぐヤツの大量発生を見越してのものであったとすれば凄いよな
安易にGSを採用しようとする前に、とりあえずあの動画を観てほしい
[ 2021/03/11 15:50 ] [ 編集 ]
↑個人的にはむしろ逆の考えかな
メインの動きができつつそれを阻害しない形でメタられにくい受け札としても機能するGS化カードはツヴァイのフルパワー理論動画への回答となりうる受け札カードだと思う
インフレと高速化が進む中でSTとしか機能しないカードの立場は失われつつあるのは確かだしね
もちろん「受け札としての役割のみを期待してGSカード入れる」って姿勢は論外だけど
問題なのは単体のカードパワー自体が高いのか、デッキに合致してるのかってことだから


その意味で今まで発表されてるGS化カードが採用に値するのかっていうと……まぁ大半がノーなんだがな
[ 2021/03/12 11:20 ] [ 編集 ]
↑あなたは問題ないでしょうよ
でも論外と一蹴したのと同等の、GSに重きを置いて採用しようとする人は一定数存在するんだよね
GSクリーチャーはカードパワーが全体的に低くて、色々な役割を期待して採用しても実際には受け札としてしか機能しないであろうことも少なくなく、結果として従来のデッキの動きが失われがち
だからパワー理論に照らすとGSを抜くべきケースも多いのではないかと見ている
[ 2021/03/12 12:29 ] [ 編集 ]
↑↑は「GS化カードが採用に値するのかっていうと大半がノー」って言ってるし同じ結論やん?
[ 2021/03/12 14:30 ] [ 編集 ]
「GSを強いと錯覚して安易に採用しようとすると危険」という趣旨の文に対して、「GS持ちのパワカは理論に適っているが、私は現状そのようなカードは存在せず、あまり採用する価値はないと思う」と答えるのは、文脈的にちぐはぐなような
デッキ構築にしても文章読解にしても、本質を理解するのが大事ってことよ
[ 2021/03/12 17:10 ] [ 編集 ]
物申す系YouTuberの言葉より自分の言葉で物を言えよ
[ 2021/03/12 18:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
最近の状況を鑑みて強めのアクセス制限を使用しています。巻き添えを受けている方、大変申し訳ありません。 運営方針についてはコメントではなくダイレクトメールにてお問い合わせ下さい。












管理者にだけ表示を許可する
記事検索
スポンサードリンク
予約開始
王星伝説超動
DMRP-17 王来篇 拡張パック 第1弾 王星伝説超動


好評発売中
世に数十枚という超希少なカードの施策アリ

購入する

71KiiWmqoQL1
デュエル・マスターズ TCG DMEX-15 20周年超感謝 メモリアルパック 魂の章 名場面BEST BOX

2021/5/22発売!
20周年を記念してのメモリアルパックが登場!

予約する

最新記事
頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。



鹿の胴体様より頂きました。イラストはバブ美様が描かれた作品です。ありがとうございます。
このブログについて

デネブログはデュエル・マスターズのコンボやデッキレシピをメインに、頭のおかしいユニークな記事をお届けする個人ブログです。

Twitterアカウント:デネブログ



ブログ管理人:シルク

アイラちゃんを追いかけてグレンモルトに爆破されてる人。

Twitterアカウント:シルク
デネブログはウィザーズ社ファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社による個別の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.

当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
(C)bushiroad All Rights Reserved.

また、当ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします