デュエル・マスターズのカードを購入or売却するならこちら⇒
2020.11.15 15:05

【デュエルマスターズ】公式HPのよくある質問が先日40件近く更新、重要な裁定も多数追加 特に抑えておくべき裁定とは?

カテゴリ: 裁定解説 | デュエル・マスターズ 

公式HPのよくある質問が先日40件近く更新された件について

公式HPのよくある質問が更新。↓
https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/

中でも特に抑えておくべき内容をまとめました。

ボルシャック・ドギラゴン

Q.自分のシールドが1枚も無い状況で、相手が自分を攻撃しました。自分は《ボルシャック・ドギラゴン》と《革命の鉄拳》の「革命0トリガー」の宣言をしました。「S・トリガー」と同様に、呪文の効果から先に解決しなければなりませんか?

S・トリガーは呪文は唱えて効果を使うところまで、クリーチャーは出すところまでが一連の処理になるため、クリーチャーを先に出したとしても、その出た時の効果よりも先にS・トリガー呪文の効果を解決する必要があります。

しかし、革命0トリガーの場合は使用宣言の必要こそありますが、それぞれがトリガー効果なので、例えば《ボルシャック・ドギラゴン》を出して、そのバトル効果を使ってから《革命の鉄拳》を使っても良いですし、《ボルシャック・ドギラゴン》を出して、バトル効果を使う前に《革命の鉄拳》を唱えることもできます。

S・トリガーと混同しがちなのでしっかり覚えておくと◎。

エヴォ・ルピア

Q.《エヴォ・ルピア》の「出た時」の能力で、《ギガントウサギロボ・フューチャーX》のようなNEOクリーチャーを上に置けますか?

この質問は、”下にクリーチャーがなければ進化クリーチャーではなくただのクリーチャーである”という性質を持つNEOクリーチャーを《エヴォ・ルピア》の持つ”このクリーチャーから進化できるクリーチャー”をこれの重ねる効果で上に出すことができるか?というもの。

”このクリーチャーから進化できるクリーチャー”というのが、一体どこまでを指すのかが明確にされた形で、公式の回答にもあるように踏み倒すことができますので、《ギガントウサギロボ・フューチャーX》は大幅に強化されたことになります。

暗黒王デス・フェニックス

Q.《エヴォ・ルピア》の「出た時」の能力で、《暗黒王デス・フェニックス》のような進化Vクリーチャーを上に置けますか?

この質問は、《エヴォ・ルピア》単体では進化条件を満たさない進化Vのクリーチャーであっても、もう1つの条件を満たすクリーチャーが別にあれば、《エヴォ・ルピア》の持つ”このクリーチャーから進化できるクリーチャー”をこれの重ねる効果でそれらの上に出すことができるか?というもの。

”このクリーチャーから進化できるクリーチャー”というのが、一体どこまでを指すのかが明確にされた形で、公式の回答にもあるようにドラゴン・ゾンビのクリーチャーが他に1体でもいれば、それと《エヴォ・ルピア》の上に重ねるようにして《暗黒王デス・フェニックス》を出す事ができます。

QQQX終葬5SD

Q.自分の《Q.Q.QX./終葬 5.S.D.》で相手のシールドをブレイクするかわりに山札の4枚目に横向きに刺す際に、相手の山札が2枚以下で4枚目という位置がない場合、どうなりますか?

この質問は、相手の山札が2枚以下である場合、《Q.Q.QX.》の置き換え効果が使えるか?というもの。

相手の山札が2枚以下である場合、4枚目という場所は見た目上存在しませんが、本来4枚目だった場所に置き、結果的に山札の一番下である3枚目の位置に置かれるということのようです。(※憶測)

プロジェクト・ゴッド

Q.自分の《真滅右神ラウドパーク》が1体いる状況で《プロジェクト・ゴッド》を唱え、山札の上から《神人類 ヨミ》が3枚めくれました。1体目の《神人類 ヨミ》が《真滅右神ラウドパーク》と「G・リンク」した状態でバトルゾーンに出た後、2枚目の《神人類 ヨミ》が出る際に1枚目の《神人類 ヨミ》と《真滅右神ラウドパーク》のリンクを外せば《神人類 ヨミ》は《真滅右神ラウドパーク》と「G・リンク」した状態でバトルゾーンに出せますか?同様に、3体目の《神人類 ヨミ》もバトルゾーンに出る際に2体目の《神人類 ヨミ》と《真滅右神ラウドパーク》のリンクを外せば「G・リンク」した状態でバトルゾーンに出せますか?

これに関しては、よくある質問とあわせてこちらの記事をご覧頂ければわかりやすいと思います。

【朗報】《プロジェクト・ゴッド》、ガチのマジで最強の裁定を貰う

”必駆”蛮触礼亞

Q.《“必駆”蛮触礼亞》の効果で《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》をバトルゾーンに出し、相手の《シン・ガイギンガ》とバトルを行いました。《“必駆”蛮触礼亞》の効果で、ターンの終わりに《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》がタップ状態で破壊されました。この場合、お互いの追加ターンをどのように処理しますか?

この質問は、《“必駆”蛮触礼亞》で相手の《シン・ガイギンガ》を選んで《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を出した場合、相手は《シン・ガイギンガ》でエクストラターンを得ますが、タップ状態で破壊された時に自分もエクストラターンを得るため、相手と自分の両方がエクストラターンを得ることになり、この状態でターンを終了すると、エクストラターンはどちらから処理されるか?というもの。

これは総合ゲームルールに定義されているように、現在はどのような順番でターンが追加されたかに関わらず、ターンプレイヤー→非ターンプレイヤーの順番でエクストラターンを処理するため、自分が先にエクストラターンを処理します。

テック団の波壊Go!

Q.《テック団の波壊Go!》を唱えて「バトルゾーンにある相手のコスト5以下のカードをすべて、持ち主の手札に戻す。」能力を選択しました。コスト6以上の進化クリーチャーの下に《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》がある状況で、その呪文側のコストを参照して手札に戻す事はできますか?また《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》が《大魔王 ウラギリダムス》の下に置かれていた場合どうなりますか?

この質問は、《テック団の波壊Go!》のコスト5以下のカード全バウンスでツインパクトカードの呪文側を参照して戻せるようになったわけではなく、《大魔王 ウラギリダムス》の下にあるカードや進化クリーチャーの下にあるカードなど、総合ゲームルール200.3aに定める特性が無視されている状態のカードのツインパクトカードの呪文側のコストが参照されるということが定義されています。

普通にバトルゾーンに出ているクリーチャーは、バトルゾーンにある適正なカードタイプであるクリーチャー側のコストのみが参照され、バトルゾーンでは適正でないカードタイプである呪文側のコストは参照されません。

しかし、通常はバトルゾーンに残すことができないカードタイプ”呪文”であっても《不夜城艦 クランヴィア》の下に置くことができるように、特性が無視される”カードの下”というエリアでは、クリーチャー・呪文問わずコストが参照されることが定義されています。

鳳翔竜騎ソウルピア・レイジ

Q.《鳳翔竜騎ソウルピアレイジ / 高貴なる魂炎》が攻撃する時、「スマッシュ・バースト」能力を発動する前に「侵略」から解決し、≪鳳翔竜騎ソウルピアレイジ≫がバトルゾーンにいなくなりました。この場合、「スマッシュ・バースト」能力は解決できますか?

Q.《鳳翔竜騎ソウルピアレイジ / 高貴なる魂炎》が攻撃する時、「スマッシュ・バースト」能力を発動する前に「革命チェンジ」から解決し、≪鳳翔竜騎ソウルピアレイジ≫がバトルゾーンにいなくなりました。この場合、「スマッシュ・バースト」能力は解決できますか?

この2つの質問は違いがわかりづらいですが、侵略の場合は進化であるため”このクリーチャー”として侵略先が待機していた効果を処理することになるため、侵略後にスマッシュ・バーストを処理したとしても、呪文側をもっていない進化クリーチャーが”このクリーチャー”として処理している以上、なにも起こらずに処理が終了してしまいます。

しかし、革命チェンジの場合はクリーチャー自体がいなくなっており、チェンジ先のクリーチャーは”このクリーチャー”とは扱われないので、スマッシュ・バーストを処理する場合は過去の状態を参照することになり、《鳳翔竜騎ソウルピアレイジ》が離れる前にもっていた呪文側=《高貴なる魂炎》の能力を処理することができます。

ちなみに、侵略の場合も先に使用宣言だけしておいて先にスマッシュ・バーストを処理すれば問題なく唱えることができるので、その点は忘れずに覚えておきましょう。

その他、今後の環境で重要になる様々な裁定が公開されていますので、是非ご一読頂ければと思います。↓
よくある質問
https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/


それではまた。
コメント: コメント(7)
テック団の裁定、バイクの下のカードは0コス扱いって記憶してたんですが、かなり前の裁定だったんですかね?
[ 2020/11/15 15:36 ] [ 編集 ]
それ自体は記憶にないですが、

総合ゲームルール
200.3a 進化などによってカードの下に置かれているカードは通常のゲーム中は特性が無視されています。ただし、カードを指定する場合、特性は参照されます。カード以外を指定する場合は参照されません。

例:光と水文明を持つクリーチャーの上に進化した水のクリーチャーは水のクリーチャーであり、パワーも種族も下のカードから影響されません。ただし、テック団の波壊 Go!の効果を受けた場合、下のカードもコストを参照し、適正であれば効果を受けます。

という風に定義されています。
[ 2020/11/15 15:49 ] [ 編集 ]
ジョットガンジョラゴンjoeが出た当時は進化元は0マナ扱いだったみたいですね
今でも「よくある質問」に残ってます
[ 2020/11/15 16:27 ] [ 編集 ]
スマッシュバーストじゃないが
ハンニバル攻撃時に革命チェンジを宣言して 先に革命チェンジ→次に地獄返霊 の順で処理したら地獄返霊のマーク以降の処理は使えるけど
ハンニバル攻撃時に侵略を宣言して 先に侵略→次に地獄返霊 の順で処理したら地獄返霊のマーク以降の処理は使えなくなるってこったな
[ 2020/11/15 16:42 ] [ 編集 ]
革命0トリガー、ミクセルいる時にボルドギ2枚宣言すると1枚目ボルドギ出る→相手ターンのためミクセル先に処理→2体目のボルドギって流れになるってことですね?
[ 2020/11/15 16:51 ] [ 編集 ]
>地獄返霊のマーク以降の処理は使えなくなるってこったな

いや、アイコン能力はアイコン先ごと待機する。そこそこ前にそうルールが変わった。以下参照。

>603.3b 誘発型能力の中には、それに続くアイコンの能力を使うと書かれているものがあります。
>それらの能力は誘発した段階でアイコンに記された内容を含めて待機状態になります。
[ 2020/11/15 19:25 ] [ 編集 ]
元々カード下のカードはコストが参照できる→全て0コストとして扱うことに(裁定変更)→「カード下のカードを参照する」カードについては特性を参照するように(裁定変更)→再び全てのカード下カードのコストを参照できるように(裁定変更) みたいな変遷だったような…
今はバイク下のカードもコストが参照されるみたいですね
[ 2020/11/15 21:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
最近の状況を鑑みて強めのアクセス制限を使用しています。巻き添えを受けている方、大変申し訳ありません。 運営方針についてはコメントではなくダイレクトメールにてお問い合わせ下さい。












管理者にだけ表示を許可する
記事検索
スポンサードリンク
最新記事
頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。



鹿の胴体様より頂きました。イラストはバブ美様が描かれた作品です。ありがとうございます。
このブログについて

デネブログはデュエル・マスターズのコンボやデッキレシピをメインに、頭のおかしいユニークな記事をお届けする個人ブログです。

Twitterアカウント:デネブログ



ブログ管理人:シルク

アイラちゃんを追いかけてグレンモルトに爆破されてる人。

Twitterアカウント:シルク
デネブログはウィザーズ社ファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社による個別の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.

当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
(C)bushiroad All Rights Reserved.

また、当ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします