デュエル・マスターズ通販サイト⇒
2020.10.25 00:26

【デュエルマスターズ】ドラグナーやバーンメアを倒し、見事はっちCSでベスト4に入賞した『赤黒邪王門』がスゴい。【デッキレシピ&解説】


『赤黒邪王門』の解説

この記事は、そのデッキがどんなものなのかがわかりやすくなるように少しだけ解説を加える形で、先日掲載させて頂いたCS入賞デッキレシピをあらためて紹介する記事となります。

先日掲載させて頂いたはっちCSでベスト4に入賞したデッキレシピがこちら。

はっちCS4位 赤黒邪王門 ノウメンさん


はっちCS4位 赤黒邪王門 ノウメンさん


今回は入賞したノウメンさんにいくつかプレイについてお伺いしたうえで記事を執筆させて頂いております。ありがとうございます!

Neonさんのジャオウガ


ちなみに、Twitterで公開されているNeonさんのデッキレシピを参考に今回のデッキを構築されたとのこと。

百鬼の邪王門

相手または自分のシールドが0枚である場合、相手または自分のクリーチャーが攻撃するときにコストを支払わずに唱えることができる『鬼エンド』から繰り出される強力なカウンター、そして相手のシールドを0枚に追い込んだ後のダメ押しが強力な《百鬼の邪王門》。
山札の上から4枚を墓地に置き、その中から火または闇のクリーチャーを1体場に出した上で相手のクリーチャー1体とバトルさせることができます。

さらに、この効果で《零龍》の墓地の儀と復活の儀を達成させる動きを狙うこともできるので、そういった意味でも非常に強力なカードです。

凶鬼03号ガシャゴズラ戯具ヴァイモデル

このデッキでは《凶鬼03号ガシャゴズラ》と《戯具ヴァイモデル》という2つの蘇生効果持ちクリーチャーを採用しており、相手のダイレクトアタック時に鬼エンドで《百鬼の邪王門》を唱え、これらをバトルゾーンに出すことで

終末の時計ザ・クロック

《終末の時計ザ・クロック》をバトルゾーンに出し、相手のターンを強制的に飛ばすことによるカウンターを狙うデッキに仕上がっています。

バサラ

また、革命0トリガーで強力な除去&シールド焼却効果を持つ《バサラ》も《百鬼の邪王門》の対象範囲。
(《終末の時計ザ・クロックで耐えたターンだと意味がなくなってしまうものの)《バサラ》は侵略ZEROも持っているため、ドラグナーなどへのカウンターも可能です。

こうしたカウンター主軸のデッキの多くは”能動的にフィニッシュすることができないことにより、カウンター手段をケアできるデッキに弱くなりがち”という弱点を抱えていますが、

斬斬人形コダマンマ「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏「大蛇」の鬼ジャドク丸

2ターン目に《斬斬人形コダマンマ》を召喚、自分のシールドを1枚手札に。(自分シールド残り4枚)

3ターン目に《「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏》を召喚。《斬斬人形コダマンマ》で相手のシールドを1枚ブレイク。(相手シールド残り4枚)

4ターン目の開始時に《「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏》の効果で自分のシールドを1枚手札に。(自分シールド残り3枚)
《「大蛇」の鬼ジャドク丸》などのシールド回収効果持ちで自分のシールドを1枚手札に。(自分シールド残り2枚)

とプレイすることで、鬼タイムに突入し《「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏》でQブレイク→《斬斬人形コダマンマ》でダイレクトアタックする4ターンキルを決めこむこともできます。

実際に、不死鳥NEXTやハンデスには4ターンキルのプランを、それ以外のデッキにはカウンターのプランを取ることで見事ベスト4入りすることができたそうです。

BAKUOOON・ミッツァイル【スー】

また、《終末の時計ザ・クロック》で1度耐えたあとで《BAKUOOON・ミッツァイル》を召喚、《零龍》の破壊の儀を達成することで《百鬼の邪王門》を回収し、相手のシールドをブレイクして0枚にまで削りこみ、鬼エンドで《百鬼の邪王門》を唱えてクリーチャーを展開。
仮に今の攻撃が止められてしまっても、《BAKUOOON・ミッツァイル》の効果でスピードアタッカーを得たそのクリーチャーでダイレクトアタック...というプレイも可能なので、プレイ自体も奥深そうです。

「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏

本人曰く初見殺し的な要素もあったとのことですが、鬼札王国の新戦略が環境で活躍したこと自体がアツいですし、なによりこうしたカウンター戦術が好きな人にはたまらないデッキだと思いますので、是非お試し頂ければと思います。

それではまた。

カードの購入はこちらも是非ご利用下さい。
カーナベル CARDMAX カードラッシュ
コメント: コメント(4)

スポンサード広告


ガシャゴズラならスレイヤー付いてるから相手一体確実に消しつつクロックとかできるのか、良いな
[ 2020/10/25 01:16 ] [ 編集 ]
使ってて楽しいし良いデッキなんだけどギャラクシールドには必ず負けるのが難点
[ 2020/10/25 07:29 ] [ 編集 ]
いいね
[ 2020/10/25 16:17 ] [ 編集 ]
ヤドネに負けている辺り、やっぱりGRにトムライとタマタマを入れるべきなんでしょうかね…
対ビートに対して全部勝っている辺り、すごい将来性ありそうな気がするのですが…
[ 2020/10/25 23:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
最近の状況を鑑みて強めのアクセス制限を使用しています。巻き添えを受けている方、大変申し訳ありません。 運営方針についてはコメントではなくダイレクトメールにてお問い合わせ下さい。












管理者にだけ表示を許可する
記事検索
最新記事
スポンサード広告
このブログについて
デネブログはデュエル・マスターズのコンボやデッキレシピをメインに、頭のおかしいユニークな記事をお届けする個人ブログです。

Twitterアカウント:デネブログ



ブログ管理人:シルク

アイラちゃんを追いかけてグレンモルトに爆破されてる人。

Twitterアカウント:シルク
頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。



鹿の胴体様より頂きました。イラストはバブ美様が描かれた作品です。ありがとうございます。
このブログについて

デネブログはウィザーズ社ファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社による個別の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.

また、当ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします