デュエル・マスターズ通販サイト⇒
2020.09.10 17:07

【デュエルマスターズ】令和の初心者はじめようセットとも言える、クロニクル最終決戦デッキ『覚醒流星譚』を3枚だけ改造したデッキが小規模の公認大会で優勝


『覚醒流星譚』が凄い。

この記事は、そのデッキがどんなものなのかがわかりやすくなるように少しだけ解説を加える形で、先日掲載させて頂いた優勝デッキをあらためて紹介する記事となります。

先日掲載させて頂いた、デュエマフェスで優勝を収めたクロニクル最終決戦デッキ 覚醒流星譚のデッキレシピがこちら。

※優勝デッキレシピの紹介は有志の方よりデッキレシピを提供して頂いてはじめて成り立つコンテンツです。
この記事を閲覧される場合はTwitter等の不特定多数が閲覧可能なコンテンツにおける、デッキレシピの内容に対する誹謗・中傷・それに準ずる発言はお止め頂きますようお願い致します。

公認大会優勝デッキレシピ 覚醒クロニクルtウェイブ しゃけかまさん


覚醒クロニクルtウェイブ しゃけかまさん

覚醒流星譚 デッキ画像

クロニクル最終決戦デッキ『覚醒流星譚』はサイキックを使う上で必須パーツとなる勝利セット3種+《時空の支配者ディアボロスZ》+《超覚醒ラストストーム・XX》に加え、ビッグマナの基盤となる《龍素記号Srスペルサイクリカ》《ドンドン水撒くナウ》《ドンドン吸い込むナウ》《フェアリー・シャワー》等がまとめて1つのデッキに入っているバケモンみたいな構築済みデッキです。

覚醒流星譚 ラインナップ

勝利セット3種+《時空の支配者ディアボロスZ》+《超覚醒ラストストーム・XX》に加え、ビッグマナの基盤となる《龍素記号Srスペルサイクリカ》《ドンドン水撒くナウ》《ドンドン吸い込むナウ》《フェアリー・シャワー》辺りに関しては専用デッキでしか活躍が難しいカードではなく、マナを伸ばすデッキや超次元を使用するデッキを組む上で必要になる汎用性の高いカード。

そのためスタートデッキの10億倍ぐらい初心者はじめようセットに仕上がっていて、今からはじめたい初心者や復帰勢は「これが組みたい」みたいなのが明確にない限りこれを買うのが良いのではないかと個人的に思っています。

灼熱のリュウセイ・ボルケーノ1
激浪のリュウセイ・スプラッシュ1
大地のリュウセイ・ガイア
真羅万龍リュウセイ・ザ・ファイナル 透過済み1

また、このデッキの目玉でもあり切札でもある《灼熱のリュウセイ・ボルケーノ/激浪のリュウセイ・スプラッシュ/大地のリュウセイ・ガイア/真羅万龍リュウセイ・ザ・ファイナル》はしっかりこの構築済みデッキに3枚入っているほか、《ドンドン吸い込むナウ》《フェアリー・ライフ》《Dの博才サイバーダイス・ベガス》などの動きの要となるカードも3~4枚入ってます。

そのため、無改造でも案外やっていける構築になっている点もこの構築済みデッキの評価を押し上げていますが、なんと”ほぼ”無改造の覚醒流星譚が小規模の公認大会で優勝したとの報告を頂きました。

ここで1つ注意事項が。
この記事はあくまでCSのような大規模大会で優勝するために勝率を上げよう、もしくはCSのような大規模大会でも通用するというものではなく、あくまで小規模の公認大会でワンチャンを掴み取る事ができたということと、その際に用いた改造を紹介するという記事です。
なので、CSのような大規模大会で優勝するために勝率を上げる目的で見ようと思った方がいましたら、今すぐブラウザバックして別の記事をご覧下さい。

ウシキン☆チャンネル1禁断~封印されしX~自撮の超人

今回、その改造に使われたカードがこの3枚。

禁断~封印されしX~

《禁断~封印されしX~》は弱点になってしまう事もあるものの、《時空の支配者ディアボロスZ》の覚醒条件に自身につけられた封印や、禁断の鼓動そのものを選べることから覚醒条件を非常に緩くしてくれる上、状況によってはアタッカーとしても運用できる優秀な1枚。

ウシキン☆チャンネル1自撮の超人

そして《ウシキン☆チャンネル》は息切れ防止&盤面制圧に、《自撮の超人》はかつての《Dの牢閣メメント守神宮》を思わせる守りを発揮してくれます。

実際の試合ではデリート相手に《禁断~封印されしX~》が刺さって、《姫様宣言プリンプリン》のエクストラウィン能力のおかげでシールドを殴らずに勝ったり、《全員集合!アクア・三兄弟》の《異端流しオニカマス》を思わせるような踏み倒しメタ能力がガチロボ相手に刺さり、遅延している間に展開したサイキック・クリーチャーに《ウシキン☆チャンネル》の能力を付与して出てきたクリーチャーも処理するなど、中々良い活躍を見せてくれたようです。

ウシキン☆チャンネル1

投稿して下さったしゃけかまさんからも
「ウシキンは大活躍でした!バトルが絡むリュウセイファイナル・姫様プリン・鬼龍院などのシナジーが予想以上に高いとわかったため、低資産での組み換えを目指す私にとっては最高のパーツです。」
とのメッセージを頂いております。

(※自撮の超人はフリーや実際の大会で思ったほど活躍してなかったため、今後は採用を見送るかもしれないそうです。)

試合中には《禁断~封印されしX~》の封印を《テック団の波壊Go!》ですべて外されて殴りに行かざるを得なくなったり、S・トリガー《ナウ・オア・ネバー》2枚を踏んでしまうなど、かなり綱渡りするシーンもあったそう。

もちろん、お金が溜まった時にはガッツリお金をかけて競技シーンに向けたガチデッキに仕上げても良いと思いますが、安価な改造でもワンチャンは掴みとれるぐらいの基盤の優秀さがあるというのが、この『覚醒流星譚』の魅力。

まだまだ通販サイトの在庫は不安定ですが、実店舗では普通に置いてあったというお話を多々見かけるようになりましたので、お近くのお店にお問い合わせてみてはいかがでしょうか。

それではまた。
コメント: コメント(0)

スポンサード広告


コメントの投稿
最近の状況を鑑みて強めのアクセス制限を使用しています。巻き添えを受けている方、大変申し訳ありません。












管理者にだけ表示を許可する
記事検索
最新記事
頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。



鹿の胴体様より頂きました。イラストはバブ美様が描かれた作品です。ありがとうございます。
このブログについて

デネブログはウィザーズ社ファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社による個別の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.

また、当ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします