デュエル・マスターズ通販サイト
2020.06.29 18:26

【デュエルマスターズ】環境で強いカードしか価値がつかないカードゲームは危ない

コメント(-)


cardgame_card_dasu (1)

デュエル・マスターズをはじめとしたカードゲームの多くは競技専用のゲームとして作られているわけではないので、様々な楽しみ方が存在して、様々な楽しみ方でプレイしている人がいます。

1.勝率を高めるのが好きな人
2.特定のカードやコンボを使った上で、そのデッキの勝率を高めるのが好きな人
3.自分の感性を尊重するのが好きな人

代表的なのがこの3つですね。
もちろんこれ以外の楽しみ方もありますし、1と2の間ぐらいに位置するプレイヤーなども居ますので、楽しまれ方は様々だと思います。

そのため、基本的に環境に影響を及ぼさないカードにも当然需要があります。

超戦龍覇モルトNEXT CSプロモ

CSサポートで供給される優勝賞および入賞賞のプロモーションカードが高額で売買される関係で、ちょうどCSサポートが開始されたぐらいの頃から環境で通用するカードの需要が高まりました。

逆にカジュアルな方向には特別な事情はなかった(と記憶している)ので、環境に影響を及ぼすカード以外の相場事情には大きな変化がありませんでした。

が、ここ最近は環境に影響を及ぼさないカードも高騰しています。

リモートデュエマカップ

最近はじまったリモートデュエマカップではCSとは異なりランダム賞やユニークなデッキを表彰するデッキ賞でプロモーションカードが貰える大会が多い関係で、

相場全体

こうなったんですね。

このスライドはflatデュエマ工房の動画から拝借しました。
【解説】 シングルカード相場が全部上がってる件【デュエマ】

1.勝率を高めるのが好きな人
2.特定のカードやコンボを使った上で、そのデッキの勝率を高めるのが好きな人
3.自分の感性を尊重するのが好きな人

CSサポートは主に1のユーザーが得するような制度だったのに対して、リモートデュエマカップのサポートは主に2と3のユーザーが得をしやすい制度なので、2と3のユーザーの消費が活発になりました。

マツコの知らない世界

需要に対して供給が足りなくなると当然高騰します。
マツコの知らない世界で紹介された商品が根こそぎお店から消えてメルカリで高額取引されてるようなもんですね。

ここまで環境に影響を及ぼすかどうかは高騰とは全く関係ない事を説明しましたが、逆に言うと環境で強いカードしか価値がつかないカードゲームは危ないんですね。

遊戯王タッグフォースSP

話は少し逸れますが、遊戯王タッグフォースSPで久々に遊戯王を触った時に、だいぶ長い事触れてなかったのでデッキをどうやったら組んだらいいかわからず、とりあえずネットに転がってるデッキレシピでずっと遊んでました。

少し慣れた辺りで1からデッキを組んでみようとも考えたんですが、これがびっくりするぐらい組めず。
ずっと遊んでるユーザーなら当然のように知っているカード間のシナジーを知らないとか、そもそもどんなカードがあるのかを知らないとか、そんなことばっかりで長く続いているカードゲームであればあるほど自分で構築することの敷居は上がっているんだなと感じさせられました。

デュエル・マスターズも今年で18年目になるご長寿カードゲームなので、当然1からデッキを組める人は限られています。
よって、有名な人が発信したデッキをそのまま組もうとするユーザーが多く、結果的に一部のカードに需要が集中して、高騰します。

1からデッキを組める人も凄いんですが、そういう人しかいないカードゲームってようするに新規や復帰層が少ない、”わかってる人たち”しか遊んでないカードゲームという、とても危機的な状況といえるのではないでしょうか。

そう考えると、環境で強いカード以外も高騰している現状のデュエル・マスターズは、勝率を高めるのが好きな人以外のユーザーも沢山存在していて、1からデッキを組むのが難しい層(新規層・復帰層)も多く存在しているように思いますし、そういったユーザーがしっかりデュエル・マスターズにお金をかけているという、中々ポジティブな状況といえるのではないかと思います。

逆に環境に影響を及ぼさないカードが全く高騰しない状況が今後訪れると、それは結構危機的な状況だと思うんですが、どうなんでしょうか。

それではまた。
コメント(-)

クロニクル最終決戦デッキ バナー パソコン用
記事検索
スポンサードリンク
最新記事
頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。



鹿の胴体様より頂きました。イラストはバブ美様が描かれた作品です。ありがとうございます。
広告について

デネブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。