デュエル・マスターズ通販サイト⇒
2020.06.18 13:10

【デュエルマスターズ】《轟破天九十九語》では《ドラグ変怪》の効果が発動しない? 《轟破天九十九語》のルールをおさらい


《ドラグ変怪》と《轟破天九十九語》のコンボは成立するんですか?という質問へのアンサー記事。

ドラグ変化

昨日判明した《ドラグ変怪》。
相手のクリーチャーが手札以外からどこからでもバトルゾーンに出た時、相手の山札を5枚墓地に置きます。

コマンダー・ラッキーロトファイブ

よって、相手のクリーチャーを手札以外から踏み倒させる効果を持ったカードを使う事で、能動的に相手の山札を墓地に送る事ができます。
これにより《コマンダー・ラッキーロトファイブ》や《父なる大地》への注目が一気に集まり、ロトファイブは高騰しました。

キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語

《ドラグ変怪》との組み合わせで注目されたカードはもう1つ。
それが《轟破天九十九語》です。

■各プレイヤーは、すべてのクリーチャーを自身のマナゾーンからバトルゾーンに出す。これらのクリーチャーがバトルゾーンに出ることによって起こる効果はすべて無視する。(マッハファイターなどの、そのターンの間働く能力は無視されない)

自分と相手のクリーチャーをマナからすべて出しつつも、出た時の効果は発揮されないため《永遠のリュウセイ・カイザー》などでSA化した上で一気に殴ったり、《水上第九院シャコガイル》や《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》でエクストラウィンするような使われ方が多いこのカード。

この効果で相手のクリーチャーをマナから引っ張り出し、《ドラグ変怪》の能力によって一気に山札を墓地に置けば勝てるのでは?という声も少なくありませんでした。

ですが、結論からいうとこれはできません。

キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語

Q.≪轟破天九十九語≫の「これらのクリーチャーがバトルゾーンに出ることによって起こる効果はすべて無視する」とはどういうことですか?
A.この能力によってバトルゾーンに出されたクリーチャーの持つバトルゾーンに出た時の能力や、すでにバトルゾーンにあったクリーチャーを含めてクリーチャーがバトルゾーンに出ることによって誘発する能力などがすべて起こらないということです。
例えば、封印が外れることや、「クリーチャーがバトルゾーンに出た時カードを1枚引く」というような能力がトリガーすることもありません。
公式ホームページのよくある質問より引用

例えば《轟破天九十九語》でクリーチャーを出した場合、《異端流しオニカマス》や《雷鳴の守護者ミスト・リエス》のような、他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時に発動する効果も《轟破天九十九語》で無視されるため、《ドラグ変怪》の効果も無視され、相手の山札を墓地に送る事ができませんし、コマンドを出しても《禁断~封印されしX~》の封印を外す事もできません。

Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド

意外と知られていない裁定ですが、この機会に覚えておくと◎。

ちなみに同じく自分と相手のクリーチャーを踏み倒す《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》であればそういったデメリットは無いため、《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》と組み合わせるのが良さそうです。

【デュエルマスターズ】《ドラグ変怪》によって《父なる大地》や《Dの妖艶マッド・デッド・ウッド》でLOさせるデッキが組めるようになった話【デッキレシピ】

それではまた。
コメント: コメント(0)

スポンサード広告


コメントの投稿
最近の状況を鑑みて強めのアクセス制限を使用しています。巻き添えを受けている方、大変申し訳ありません。












管理者にだけ表示を許可する
記事検索
最新記事
頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。



鹿の胴体様より頂きました。イラストはバブ美様が描かれた作品です。ありがとうございます。
このブログについて

デネブログはウィザーズ社ファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社による個別の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.

また、当ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします