デュエル・マスターズ通販サイト⇒
2020.05.23 17:24

【デュエルマスターズ】令和のザウラクロックは4ターン目に相手の手札をハンデスし尽くした上でドローロックを決める。【デッキレシピ】


久々の令和シリーズ

封魔ザウラク・ディス強奪者 テラフォーム薫風妖精コートニー

《封魔ザウラク・ディス》《強奪者 テラフォーム》《薫風妖精コートニー》の3枚を揃える事で、ドローロックを決める『ザウロクロック』。

相手がターンのはじめにカードを引く→相手がカードを引いたので《強奪者 テラフォーム》で自分のマナが増える→マナが増えた事で《封魔ザウラク・ディス》のスペースチャージが発動。相手が先ほどドローしたカードを墓地へ。(※《薫風妖精コートニー》で必ずスペースチャージが発動する。)

という具合に、相手がターンのはじめにドローしたカードを即座に叩き落す事で相手の手札が増えなくなり、行動を封じる事ができるコンボです。

邪道神キキ外道神カイカイコマンダー・テクノバスター

魔流星アモン・ベルス斬隠蒼頭龍バイケン2


ドローロックといえば『キキカイロック』や『アモンベルス』なども有名ですが、このギミックは相手がドローした瞬間に相手の手札を1枚破壊する=ロックされるというものなので、ロックを決める前に相手の手札をあらかじめ0枚にしておかなければ相手の行動を封じるまでには至りません。

『ザウロクロック』の場合は、あるカードと組み合わせることでコンボを始動したターンに相手の手札を破壊して空っぽにしながらドローロックに突入する事もできます。

Dの花道ズンドコ晴れ舞台

それが《Dの花道ズンドコ晴れ舞台》。
クリーチャーを出すたびにマナが増えるので、《薫風妖精コートニー》がある状況で《封魔ザウラク・ディス》が出ると、自身が出た時にも1ドロー1ハンデス、《再生妖精スズラン》などを召喚するたびに1ドロー1ハンデス。
こうして相手の手札を空っぽにした上で《強奪者テラフォーム》を出せば、《薫風妖精コートニー》《封魔ザウラク・ディス》《強奪者テラフォーム》が揃い、ドローロックに突入します。

時は令和。

《生命と大地と轟破の決断》というインチキ非常に強力な呪文が登場した事で、『ザウロクロック』は大きな変化を迎えます。

Dの花道ズンドコ晴れ舞台

2ターン目:《再生妖精スズラン》、《妖精の裏技ラララ・ライフ》
3ターン目:《Dの花道ズンドコ晴れ舞台》
4ターン目:Dスイッチ、《薫風妖精コートニー》《強奪者 テラフォーム》《封魔ザウラク・ディス》のいずれかをバトルゾーンに。

ここまでは見慣れた流れ。

生命と大地と轟破の決断 2

そして《生命と大地と轟破の決断》を唱えて《薫風妖精コートニー》《強奪者 テラフォーム》《封魔ザウラク・ディス》のうち、先ほどDスイッチで出さなかった2体をバトルゾーンに出します。

《Dの花道ズンドコ晴れ舞台》の効果でクリーチャーが場に出るたびにマナが増えるので、その分だけ《封魔ザウラク・ディス》のスペースチャージが発動。
相手の手札をどんどん削ります。《封魔ザウラク・ディス》のスペースチャージは闇のハンデス以外に水のドローもあるので、手札もどんどん増えていき、《妖精の裏技ラララ・ライフ》や増えたマナから召喚される《再生妖精スズラン》でさらに相手の手札が削れていきます。

ここまでで相手の手札を空っぽにしたら、ターンを渡してOK。
相手はドローしてすぐにそれを墓地に置くことになるため行動できず、こちらはスペースチャージとズンドコでどんどん山札を掘っていきます。

そんなデッキレシピをカードキングダムのゆーてぃさんより頂きました。ありがとうございます!

デッキレシピ


優勝:ゆーてぃ(テラフォームロック)

フィニッシュ方法は”生命と大地と轟破の決断そのもの”


生命と大地と轟破の決断 2

《生命と大地と轟破の決断》はマナから唱えたら、唱え終わったあとで山札の下に置かれます。

・・・察しの良い人ならこれだけで全てを察すると思いますが、念のためフィニッシュ方法の詳細な解説を書いておきます。

まずはザウラクとズンドコで山札を掘り進め、山札を残り1枚に。
このとき、その1枚はマナから唱えた《生命と大地と轟破の決断》(A)になるようにしておきます。

マナの《生命と大地と轟破の決断》(B)を発動、マッハファイター付与を2回選んで山札の下に送り、マナの《生命と大地と轟破の決断》(C)を発動、マッハファイター付与を2回選んで山札の下に送ります。

これで山札が《生命と大地と轟破の決断》3枚に。

相手がターンのはじめにカードを引く→相手がカードを引いたので《強奪者 テラフォーム》で山札の上から《生命と大地と轟破の決断》(A)を置く→マナが増えた事で《封魔ザウラク・ディス》のスペースチャージが発動。相手が先ほどドローしたカードを墓地へ。

自分のターンのはじめにカード(生命と大地と轟破の決断(B))を引く→これをマナに置き、マナの《生命と大地と轟破の決断》(A)を発動、マッハファイター付与を2回選んで山札の下に送り、マナの《生命と大地と轟破の決断》(B)を発動、マッハファイター付与を2回選んで山札の下に送ります。

相手がターンのはじめにカードを引く→相手がカードを引いたので《強奪者 テラフォーム》で山札の上から《生命と大地と轟破の決断》(C)を置く→マナが増えた事で《封魔ザウラク・ディス》のスペースチャージが発動。相手が先ほどドローしたカードを墓地へ。

こうすることでこちらの山札は0枚になる事が無いまま、相手の手札がロックされ続ける事で、フシギバースなど墓地で起動できるタイプの効果、もしくは《悠久を統べる者フォーエバー・プリンセス》等が無い限り、相手はなにもできないまま山札切れで敗北することになります。

ザウラクロック

カードキングダムさんのほうでこのデッキの凄くわかりやすい対戦動画があるので、そちらも是非ご覧下さい。

《生命と大地と轟破の決断》以外のカードが安く、《生命と大地と轟破の決断》以外は3000~4000円弱あれば集められる事(ステゴロの値が張るのがネックかも)、それぞれ単体のカードパワーは決して高くないものの、コンボによって単体のカードパワーからは考えられない強さを発揮し、さらに最新のカードの力で揃えやすくなり、現代デュエマでもしっかり楽しめるデッキになっているのがこのデッキの魅力。

ちなみにこのデッキ、GR入りのデッキなどガチガチのデッキ相手には勝てない事も多いですが、らふぁにぃさん主催のインフルエンサー杯(オリジン)で優勝するほどの実力派。GR禁止のリモートデュエマ大会で使ってみるのもいいかもしれませんね。

それではまた。
コメント: コメント(1)

スポンサード広告


ネイチャー判明時から騒がれてたけどほんと5+5のコンボは軒並み強くなったよなぁ
逆にコスト6のコンボパーツってだけでそれ◯◯でよくね?感が出てくるレベル
[ 2020/05/23 19:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
最近の状況を鑑みて強めのアクセス制限を使用しています。巻き添えを受けている方、大変申し訳ありません。












管理者にだけ表示を許可する
記事検索
最新記事
頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。



鹿の胴体様より頂きました。イラストはバブ美様が描かれた作品です。ありがとうございます。
このブログについて

デネブログはウィザーズ社ファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社による個別の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.

また、当ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします