2020.01.01 16:37

【デュエプレ】コラム:無課金・微課金で遊ぶための指南、そして序盤のパック&ゴールド稼ぎに適したスーパーレアを使わない『格安』デッキレシピを2つ紹介!


自分がデュエプレでどれぐらい楽しめるかわからないので、すぐには課金したくない方にも向けた記事です。是非。


課金しなければ最初からスーパーレアやベリーレアを多く使うデッキは中々組めない


機神装甲ヴァルボーグ デュエプレ

いろいろなデッキを組もうとしましたが、どのデッキもスーパーレアが複数枚要求されたり、ベリーレアが何枚も要求されたりと、意外と思った通りのデッキを組むのに苦戦しがち。
そこで今回は課金が難しい小学生の方や、他のゲームに割く金額が大きく微課金以上は望めない方、自分がデュエプレでどれぐらい楽しめるかわからないので、すぐには課金したくない方に向けて記事を作成しました。

コメントでも頂いたように当たったスーパーレアを分解する事に躊躇いがあるものの、かといってそのスーパーレアで強いデッキが組めるかというと話は別・・・なんてこともあると思います。そういう場合にも是非この記事を参考にしてみて下さい。

あとは、自分のように「使うかどうかわからないから、できるだけ砕かずにいたい」なんて場合もあるはずです。

この記事ではそうした方に向けた攻略法とデッキレシピを伝授しますが、できるだけカードを分解せずに、短い試合時間で試合をこなしていく事でパックチケットやゴールドを手に入れ、課金せずにカード資産を増やす事が目的の記事であり、ゴールド以上のランク帯で勝てるか否か、環境におけるデッキの強さ(勝率)については考慮しておりません。あしからず。

序盤はとにかく戦って、パックとゴールドを集めてカード資産を増やした方がよい


最初に貰える10パックから手に入るカードやゲーム開始時から存在するベーシックカードだけで好きなデッキを組む事は困難です。

分解・生成に関しても若干渋めなので思った通りのデッキを組む事は難しく、カード資産を増やしていく必要がありますが、ぱっと目につくのは課金要素であるジェムでのパック購入で、ゲーム開始時からパック購入を促されているようでちょっと嫌な思いをした人も少なくないのではないかと思います。

が、序盤はランクマッチとストーリーをこなすだけで次々にパックやゴールドを貰えるので、ストーリー攻略用のデッキと、それとは別に2戦に1戦負けるぐらい(勝率5~6割)で構いませんので、ランクマをサクサクこなせるデッキを作って、何度も戦っていく事でカード資産を増やしてから好きなデッキを構築するという流れであれば無課金や微課金でも思い思いのデッキを1個ぐらいは構築できるカード資産が得られると思います。

パック運が悪かったり、作りたいデッキがたまたま高額デッキだった場合は・・・諦めましょう。

プレミアムSRの分解でポイントを沢山得よう


S__1466382.jpg

(分解するかはさておきとして)
プレミアムSRは分解する際に得られるポイントが通常とは異なり、通常のスーパーレアを分解しても600ポイントしか得られませんが、プレミアムSRは分解すると1700ポイントも得ることができます。

通常のスーパーレア1枚ではベリーレア1枚を生成する事すらできないにも関わらず、プレミアムSRならベリーレアを2枚生成してお釣りがきます。

(分解を前提とするなら)スーパーレア3枚分に近いポイントなので、プレミアムSRをどれぐらい引けたか、というのは無課金および微課金勢にとって、最も重要な要素となります。

例えば、青単速攻で《クリスタル・ランサー》を3~4枚使いたい場合、プレミアムSRが2枚あるだけで《クリスタル・ランサー》4枚分に相当しますので、とても大きいです。

なので、最初の10パックもそうですし、ランクマッチの数をこなす等でできるだけプレミアムSRを手元に持っておきたいところです。

そして無課金で遊びたい場合はよほどお目当てでない限り、すぐに砕いて下さい。諦めましょう。

S__1466383.jpg

ちなみにシークレットとプレミアムは別物です。
繰り返します。シークレットとプレミアムは別物です。

プレミアムは金枠仕様で分解で得ることができるポイントが異なりますが、シークレットはプレイマットやスリーブが貰える以外にスーパーレアとの差はありません。(厳密には演出等も違いますが)プレミアムと間違えて分解しないよう気をつけましょう。

※プレミアムシークレットSRも存在します。

S__1466385.jpg

また、プライズ以外のカードで、通常版を4枚持っているカードと同じカードのプレミアム版が1枚でもあれば、それを砕きましょう。
性能は同じです。そう、性能は同じなのです。確かにプレミアム版の方が格好良いという意見が多いですが、あなたがもし無課金/微課金で遊ぶ気なら、こだわりなど投げ捨てて今すぐ砕きましょう。

プレミアムであるか否かに関わらず、カードをなるべく砕きたくない人のために、ここからは格安デッキを紹介します。
流石に全部砕かなくていいよ!とは言えませんが、それでもできるだけ多くのカードを残しておくことができるはずです。

スーパーレアを使わない格安デッキのデッキレシピ1


S__1466379.jpg

Twitterで流れていたデッキレシピをいくつか参考にしたもので、ベリーレアは《襲撃者エグゼドライブ》のみ、レアは《ボルカニック・アロー》のみ。
他は全てアンコモン以下という衝撃の格安デッキで、トリガー厚めのデッキとブロッカーが大量に採用されたデッキ以外はすべて序盤から駆け抜けて(自分や相手の早期投了なども相まって)3~4ターン目には試合が終わる、数をこなしたい序盤にはとても重宝するデッキです。

ブレイクしたシールドの1枚目がS・トリガーだった
2枚以上S・トリガーを踏んだ
ブロッカーを3体以上続けざまに出された
1コスト獣を1ターン目に出せなかった
《バースト・ショット》で自分の場が滅んだ

などなど、様々な死因があり割とあっさり詰むデッキでもあるため、3~4ターン目に終わるというのは自分の早期投了も含めてそれぐらいのターンで試合が終わるという事なので、大きな期待はしないで下さい。

そう言われるとこのデッキがあまり強くないように見えるかもしれませんが、現環境には青単リキッドピープル・赤緑青ツインキャノンワイバーン・白黒赤除去ボルメテウスコントロール・赤単ヴァルボーグ速攻など様々なデッキが存在する以上、こうした小型獣での速攻デッキへの対策ばかりに重きを置くことは難しく、そうした環境の穴を突くような構築ですので、苦手なデッキとばかり対面する時は別のデッキを使って下さい。

襲撃者エグゼドライブ デュエプレ

このデッキのポイントは、今後の環境でも絶対お世話になる(はずの)《襲撃者エグゼドライブ》のみが高額な生成対象になるというところです。
《襲撃者エグゼドライブ》はどうあがいても強いため、これが使われないという事はよっぽどのコントロール環境であるか、あるいはデュエプレ環境がぶっ壊れた時だと思いますので、攻めるのが嫌いでないなら少なくとも1年ぐらいは使える、生成して損がないカードだと思います。

もちろん、4枚生成は流石にきついと思いますので、最初の方は《襲撃者エグゼドライブ》を《撃墜団長メッツァー》にするとか、他のアタッカーについても同コスト帯の他のカードで代用するとか、多少の妥協を施せばすぐに組めると思います。

スナイプ・モスキート デュエプレ

このデッキで1番扱い方が難しいカードは《スナイプ・モスキート》。
例えば、1ターン目にこのクリーチャーを出した場合、2ターン目に《シビレ・アシダケ》を出してマナを増やした場合を除き、2ターン目にはできるだけアタックしないようにしておきましょう。
2ターン目から毎ターン殴り続けてしまうと、自身のマナ回収効果でマナが減り続け、3コストのクリーチャーが出せなくなってしまったり、合計3マナある状況ならコスト1のクリーチャーを1体、コスト2のクリーチャーを1体、合計2体のクリーチャーを展開する事ができますが、これができなくなってしまいます。
逆に、上手く使えば常に手札に次の動きを用意しておけるので、相手がブロッカーを出した場合に備えて《火炎流星弾》を手札に加えておいたり、次に出したい《襲撃者エグゼドライブ》を手札に加えておくなど、かなり優秀なカードなので引いた場合は優先的に出しましょう。

ちなみにストーリー攻略は考慮していないため、ストーリー攻略は別のデッキの方がよいと思います。

スーパーレアを使わない格安デッキのデッキレシピ2


1つ目に紹介したデッキを使っていた時に、やたらと速攻対策厚めのデッキに当たって困ったので、組んだ有り合わせに近いデッキですがゴールド帯に至るまでの勝率がそこそこよかったので紹介します。

有り合わせ感満載で、流石にもっと良い構築がありそうですが、今回は「使ってて中々良かったよ」ってレポート的なものなので、あまり気にせず紹介します。期待せずにゆるーくご覧下さいまし。

S__1466381.jpg

ベリーレアは《襲撃者エグゼドライブ》3枚のみ、レアは《ミラージュ・マーメイド》3枚と《ボルカニック・アロー》3枚のみ。他は全てアンコモン以下というこちらも中々の格安デッキです。

凶戦士ブレイズ・クロー

一見、速攻デッキにみえるかもしれませんが、このデッキは中盤以降に特化させたデッキですので、相手が速攻デッキである場合を除いて1ターン目に《凶戦士ブレイズ・クロー》を出すことはありません。中盤以降、余った1マナで出して強いカードです。
相手がよほど早いデッキでなければ、2ターン目のアクションの重要度も低め。

基本的な初動は《奇襲兵ブルレイザー》や《クック・ポロン》など除去されにくいアタッカーを出して、頃合いで殴れるようにするか、《アクア・ハルカス》《ぺコタン》で手札を減らさない形でのクリーチャー展開からスタートさせます。

《凶戦士ブレイズ・クロー》などをマナ置きすると、たいていの場合相手はブロッカーを展開しますが、こちらは《アクア・ハルカス》や《ぺコタン》でドローしながらゆっくり展開するため、基本的に相手の方が先にリソース枯れします。

ターン開始時のドローは1枚なのに対し、マナチャージ+ブロッカー展開で2枚の手札を消費する事で相手のリソースがだんだん枯れていくわけです。これは《ゴースト・タッチ》や《汽車男》でなるべく序盤からこちらの動きを阻害しようとしてくる相手も同様です。

こちらは手札補充しながら、次第に2枚以上のアクションを中心に動き始めるため、1:1交換を繰り返していたのでは返せなくなり、次第に逆転しはじめます。

ただし、もし仮に相手がリソースが枯れないように動いてくる時(エナジー・ライトを発動した場合など)はシールドをブレイクする事で相手の手札が増えてしまうデメリットが薄いので、アタッカーを出しつつ相手がドロー以外ノーアクションだった”隙”を突くように攻めておく方が有効な場合もあります。難しいですね。

《火炎流星弾》や《ボルカニック・アロー》で相手の場を減らしつつ、頃合いで小型クリーチャーを一気に横並びさせ、”相手が簡単に返せない状況を作ってから”一気に攻め込みます。

ミラージュ・マーメイド デュエプレ

例えば、《ぺコタン》→《ミラージュ・マーメイド》から繋いだ6ターン目に《アクア・ハルカス》+《火炎流星弾》+《ボルカニック・アロー》+《凶戦士ブレイズ・クロー》で相手のクリーチャーを2体除去しつつ、こちらは新たにクリーチャーを2体展開しつつ、既に場に出ていた《ぺコタン》と《ミラージュ・マーメイド》でシールドを2枚ブレイク・・・というような動きを取ります。

これ以外にも、手札にある《解体屋ピーカプ》と《襲撃者エグゼドライブ》で召喚酔いのない2打点を作って攻め込む展開も狙えますので、豊富なリソースを抱え込んで、頃合いをしっかり見計らって放出し、相手が返せない状況を作ることを意識すれば、このデッキの勝ち方と魅力がバッチリわかるはずです。

使い方がわからないうちは困るかもしれませんが、あの時こうしていたら勝っていたかも?という積み重ねが重要な線の細いデッキですが、やりこみがでる楽しいデッキなので、もしよかったら是非使ってみて下さい。

灼熱波 デュエプレ

《ぺコタン》《奇襲兵ブルレイザー》《ミラージュ・マーメイド》などパワー3000以上のクリーチャーを含めた、数多くのクリーチャーを展開する事で《バースト・ショット》でさえもある程度耐えられるようなデッキですが、《灼熱波》だけはどう逆立ちしても無理なので諦めて下さい。

もっとも、《凶戦士ブレイズ・クロー》がマナ置きされた時点でこのカードをマナ置きされる事も少なくないので、そうした心理戦で回避する事もできる・・・かもしれません。

ちなみにこちらもストーリー攻略は考慮していないため、ストーリー攻略は別のデッキの方がよいと思います。

最後に


ストーリーを攻略すると必須級のS・トリガーである《ホーリー・スパーク》《アクア・サーファー》《デーモン・ハンド》《バースト・ショット》《ナチュラル・トラップ》が各1枚ずつ手に入るため、まずはストーリーを攻略してパックチケットとゴールドを溜めつつ、必須級S・トリガーを手に入れておくというのもまた1つの手段ですので、是非お時間のある時にやってみてはいかがでしょうか。

それではまた。
コメント: コメント(3)
開始時にボルメテウス1枚貰えるからリセマラでもう1枚取ればあとトリガー生成するだけでボルコン組めますよ
1戦にクッソ時間かかるのが難点だけどランクマでもゴールドあたりまで安定して勝てるからおすすめです
[ 2020/01/02 14:48 ] [ 編集 ]
3色トリガービートもおすすめです!
最軽量のカミカゼと優秀なロックビースト達、最後の一押しのSAの火と、貴重な3マナst獣アクア・チャージャー、攻撃できるブロッカーのハンター・クラスターと大定番のアクア・サーファーを擁する水を中心にして、好みで孤高の願の自然、汽車男の闇、予言者コロンの光で枚数を補ったら後は満載したST獣を絶え間なく繰り出し、シールドが破られる度に増える頭数の暴力でひたすら盾を殴り続けるだけです。ほとんどをプライズとC、UCで構築でき、他の汎用VRSTをタッチすることで逆転勝利も狙える上にそこそこ早いのでぜひ一度お試しください。
[ 2020/01/02 22:04 ] [ 編集 ]
ハルカスやゼリーワームで適当に殴るデッキでそこそこまではいけますよ!
低パワー除去系はダークモルダーやヴァシュナ等で凌ぎましょう
[ 2020/01/03 00:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
記事検索
最新記事
スポンサードリンク
頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。



鹿の胴体様より頂きました。イラストはバブ美様が描かれた作品です。ありがとうございます。
広告について

デネブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。