2019.12.20 15:12

【デュエルマスターズ】事務局確認FAQ:キズナの処理に関して【裁定】


昨日、事務局確認を行いました。

掲載先について


Q.《ハイパー・マスティン》などで《コッツナ》と、その上に《バードリアント》を重ねて出した場合、キズナはどのように使用すればいいですか?

Twitterのダイレクトメールで頂いた確認リクエストを中心に1件をDMvaultに掲載しました。→後程掲載します。

もし、事務局からの回答が変更になった場合など掲載している裁定が変更になった場合は解答欄を更新して下さい。

※この記事はバックアップですので、基本的にはvaultで最新の裁定をご覧頂ければと思います。

DMvault FAQ

裁定 事務局確認日:2019/12/18


バードリアント1

Q.《ハイパー・マスティン》など同時に出す効果で《コッツナ》と、その上に《バードリアント》を重ねて出した場合、キズナはどのように使用すればいいですか?

603.3b 誘発型能力の中には、それに続くアイコンの能力を使うと書かれているものがあります。
それらの能力は誘発した段階でアイコンに記された内容を含めて待機状態になります。
例: キズナプラスを持つクリーチャーが攻撃して下にあるカードを墓地に置いた時、その後
能力の解決前にアイコンを持つクリーチャーが破壊されたとしても、能力起動時に墓地にカ
ードを置いた段階で選ばれたふたつのアイコン能力は待機状態になっています。

という総合ゲームルールの改定がありましたが、

《コッツナ》が出て誘発した段階でバトルゾーンにあるどのキズナを使うか選ぶ必要が出て、《バードリアント》のキズナは参照できない事になりますか?

A.確認中ですが、暫定回答としては今まで通りでお願いします。
(キズナに関しては例として挙げられているキズナプラスのみ今回の総合ゲームルール改定の対象とのこと。)

これまでの処理について


※以降は私的に執筆した内容となります。

アラゴト・ムスビ

今までのマーク能力は、例えばマーシャルタッチの場合、

■マーシャル・タッチ(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の他のクリーチャーを1体、バトルゾーンから手札に戻してもよい。そうした場合このクリーチャーの◎能力を使う)

までトリガーした上で、

◎自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

はまだ誘発していないという扱いでした。

総合ゲームルールの改定により《クリスマⅢ》などを含め誘発した段階で読み込むことが定義され、先に場を離れたとしても解決できるようになりました。

バードリアント1

《ハイパー・マスティン》などで同時に《コッツナ》とその上に重ねるようにして《バードリアント》を出した場合、《コッツナ》は

■キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体の◎能力を使う)

までをトリガーさせた上で、《バードリアント》に進化した後に処理した場合、《バードリアント》の持つ

◎自分の山札の上から2枚を見る。その中から自然のパワー12000以上の進化ではないクリーチャーを1体、バトルゾーンに出してもよい。

が処理できるという裁定が出ていました。

今回の総合ゲームルールの改定に伴い、キズナも誘発した段階で読み込むのであれば、《コッツナ》が出て《バードリアント》が重なるより前に先にキズナで使う対象を選んでおく必要が出る可能性が出て、その場合まだバトルゾーンに出ていない《バードリアント》のキズナは選べないのでは?という質問を頂き、今回の事務局確認を行いました。
コメント: コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
記事検索
最新記事
スポンサードリンク
頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。



鹿の胴体様より頂きました。イラストはバブ美様が描かれた作品です。ありがとうございます。
広告について

デネブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。