デュエル・マスターズ通販サイト⇒
2019.11.19 17:03

【デュエルマスターズ】殿堂ゼロにおける《零龍》のトンデモムーブがきっかけとなり、殿堂ゼロの環境が大激変


殿堂ゼロの《零龍》がトンデモムーブ、マジで面白い

※この記事は未発売カードを扱う記事であるため、正式発売後の裁定次第で不成立になる可能性があります。

殿堂ゼロとはレギュレーションのひとつで、使用禁止カードを除くすべての殿堂レギュレーションが適用されないもの。

《零龍》はそれらが発売から0日で殿堂入りすることが既に発表されていますが、今回はその《零龍》を殿堂ゼロで4枚使った場合にとんでもない事が起きる、という記事です。

初期盤面

初期盤面はこちら。

怨念怪人ギャスカ虚像の大富豪 ラピス・ラズリ

まずは、《怨念怪人ギャスカ》または《虚像の大富豪 ラピス・ラズリ》を召喚。

手札の儀 1

自分の手札がすべてなくなった事で、4枚の《手札の儀》の効果が発動。
GR召喚を4回行います。

滅亡の起源零無 1

4枚の《手札の儀》がそれぞれの《滅亡の起源零無》にリンクした事で、”零龍卍誕:自分の4枚目の零龍星雲をこのカードとリンクした時、5枚全部を裏返して、1体のリンクしたクリーチャーにする。”が発動。

なんと最速1ターン目にして《零龍》が卍誕します。

殿堂ゼロにおける《零龍》の裁定面で気になる点は2つ。

■零龍卍誕:自分の4枚目の零龍星雲をこのカードとリンクした時、5枚全部を裏返して、1体のリンクしたクリーチャーにする。

1.自分の4枚目の零龍星雲とは、その零無にとっての4枚目でなければいけないのか(ターン中に《手札の儀》が4枚リンクしただけでは零龍卍誕は発動しないのか)

2.自分の4枚目の零龍星雲を”このカードとリンク”した時なので、《手札の儀》が合計4枚リンクしただけでは零龍は1体しか作れないという事であっているのか

3.”自分の4枚目の”零龍星雲をこのカードとリンクした時なので、《手札の儀》が合計4枚リンクして以降、そのターン中にあらためて4枚リンクしても、もう零龍卍誕はできないのか

仮に1の通りだとした場合、”手札の儀”だけで《零龍》にすることができない以上、《零龍》が卍誕することは無くなってしまうのでは?

そう思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

ビックリーノ1暴毛猫 ギリゾンビ

《ビックリーノ》や《暴毛猫 ギリゾンビ》などを墓地からバトルゾーンに出すことで

復活の儀 1

■カードを自分の墓地からバトルゾーンに出した時、この零龍星雲を自分の《滅亡の起源 零無》にリンクしてもよい。そうしたら、自分の山札の上から2枚を墓地に置く。

4枚の《復活の儀》が発動、墓地が一気に8枚増えます。
そして、墓地が一気に増えたということは・・・

墓地の儀 1

■カードを自分の墓地に置いた時、自分の墓地にカードが8枚以上あれば、この零龍星雲を自分の《滅亡の起源 零無》にリンクしてもよい。そうしたら、相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーを-3000する。

墓地の儀が発動。
4枚の《墓地の儀》がリンクすることで相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーを-3000する効果が4回発動します。

卍∞ ジ・エンデザーク ∞卍

そして大量に増えた墓地から《卍∞ジ・エンデザーク∞卍》が出す際にクリーチャーを破壊することで・・・

破壊の儀 1

■クリーチャーが破壊された時、このターン中、他に2体以上破壊されていたら、この零龍星雲を自分の《滅亡の起源 零無》にリンクしてもよい。そうしたら、闇のカードを1枚、自分の墓地から手札に戻す。

なんと、破壊の儀も達成。

なので、もし仮に”自分の4枚目の零龍星雲とは、その零無にとっての4枚目でなければいけない”のだとしても、条件はすべて満たすことができますし、逆にいえば4体の《零龍》が最速2ターン目に卍誕するという意味のわからない状態になります。

零龍4体

つまり、こう。

これらは裁定次第ではあるものの、いずれにせよ殿堂ゼロの環境を激変させる、とんでもないデッキが爆誕しました。

殿堂ゼロ


もうデッキとして練っている方もいらっしゃいますので、これらを参考にしつつ世紀末レギュレーション殿堂ゼロをお楽しみ下さい。

タイミング被ったんで宣伝もしておきます。



それじゃあまた。
コメント: コメント(22)

スポンサード広告


殿ゼロは超次元ダーツで走ってきたんだけど初めて別のデッキに揺れてる
[ 2019/11/19 17:14 ] [ 編集 ]
あーもう無茶苦茶だよ……
零龍4セット集めなきゃ
[ 2019/11/19 17:41 ] [ 編集 ]
だったら1ターン目で勝てばいいだろ!?
[ 2019/11/19 17:51 ] [ 編集 ]
トリガー踏んだら終わるからからゲーム性は全盛期ボルバルより酷そう(小並感)
[ 2019/11/19 17:55 ] [ 編集 ]
ゼーロンが場を離れないからトリガー踏んでも止まらないんだよなあ…
[ 2019/11/19 18:28 ] [ 編集 ]
1ターン目は低確率で即死
2ターン目はやや安定しない速攻
3ターン目は安定したループ
ある意味バランスが整っているのでは?(白目)
[ 2019/11/19 18:45 ] [ 編集 ]
グリンドホーンrevタイマン4投の零龍カウンターデッキ作らなきゃ…
[ 2019/11/19 19:01 ] [ 編集 ]
結局コイツがデッキに含まれるかどうかが問題だな(判明してるならスマソ)
含まれるなら初期山札10枚になるから結構厳しくなる
[ 2019/11/19 19:11 ] [ 編集 ]
それ一組は星雲のままにしてたほうが零龍がバトルゾーンを離れ無くなっていいのでは?
あと4組使ったら相手の初期手札が4枚追加スタートになるからそれはそれで危険なのでは?
[ 2019/11/19 19:40 ] [ 編集 ]
気にいらねぇ奴を消すしかないな
[ 2019/11/19 19:43 ] [ 編集 ]
一体だけ卍誕させずにとっとけば「自分の零龍カードはバトルゾーンを離れない」効果使えて最強だぞ
[ 2019/11/19 20:05 ] [ 編集 ]
GR転生しか使ってなかったけど零竜も使ってみたい
[ 2019/11/19 20:19 ] [ 編集 ]
零龍もしデッキ枚数に含まれるなら20枚中4枚轟轟轟とかいうクソ圧縮できるのでは?全ディスカードから次ターン轟轟轟飛んできたら面白そう
[ 2019/11/19 21:54 ] [ 編集 ]
デッキに含まれなかったら圧縮20枚は流石にやばいしマゲと同じだろうな
20枚圧縮できたらギャスカかラピスが確実に初手にいるどころか、別の速攻で悪用されそう
[ 2019/11/19 22:48 ] [ 編集 ]
効果や裁定のチェックしっかりしてないからよくわかんないんだけど、デッキに含まれないならゼーロン30セット以上用意すれば普通にゲーム開始前に相手が山札切れして負ける!みたいなことはないの?

検討外れな事書いてたら申し訳ない
[ 2019/11/19 23:40 ] [ 編集 ]
↑零龍も同名カード4枚までのルールには乗っとるだろう
禁断だって4枚までだぞ
[ 2019/11/19 23:46 ] [ 編集 ]
零龍30セットはドキンダム1枚、オルデリ19枚、ラキダ20枚のデッキ作るって言ってるようなもの
[ 2019/11/20 10:16 ] [ 編集 ]
ドロー強制だし単純にLOさせるデッキでも4積み便利そうだな殿堂ゼロだと
[ 2019/11/20 12:34 ] [ 編集 ]
禁断2枚採用ってなんでだろ
[ 2019/11/20 12:35 ] [ 編集 ]
上でも言われてたけどケッシングゼロ積めば済む話じゃね?
と思ったが都合よく盾には入らないか
[ 2019/11/20 17:45 ] [ 編集 ]
零無1枚残しておけば零龍が場を離れなくなるからケッシングは意味無いぞ
[ 2019/11/20 22:03 ] [ 編集 ]
流石に2tでトリガーまでケアしてくるようには思えないし、トリガーでホーガンブラスター撃ってオルデリかギガトラップで禁断解放を狙おう。
何気にトリガー持ってるミラミスからモーツァルトで零龍止めもいけそう。
[ 2019/11/21 18:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
最近の状況を鑑みて強めのアクセス制限を使用しています。巻き添えを受けている方、大変申し訳ありません。 記事の執筆方針や内容についての記事の執筆方針や内容についてご意見やお気づきの点がある場合は、その記事のコメント欄ではなくダイレクトメールにて直接お寄せ下さい。












管理者にだけ表示を許可する
記事検索
最新記事
スポンサードリンク
このブログについて
デネブログはデュエル・マスターズのコンボやデッキレシピをメインに、頭のおかしいユニークな記事をお届けする個人ブログです。

Twitterアカウント:デネブログ



ブログ管理人:シルク

アイラちゃんを追いかけてグレンモルトに爆破されてる人。

Twitterアカウント:シルク
頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。



鹿の胴体様より頂きました。イラストはバブ美様が描かれた作品です。ありがとうございます。
このブログについて

デネブログはウィザーズ社ファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社による個別の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.

また、当ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします