2019.04.22 17:42

【デュエルマスターズ】《砕神兵ガッツンダー》について、現在確認中となり、公式からの発表までの間は出したターンは攻撃できないものとして扱って下さい。と公式アカウントからツイートがありました


《砕神兵ガッツンダー》について
《砕神兵ガッツンダー》について、現在確認中となり、公式からの発表までの間は出したターンは攻撃できないものとして扱って下さい。と公式アカウントからツイートがありました。

コメント: コメント(19)
でしょうね
[ 2019/04/22 17:53 ] [ 編集 ]
シグマティスさん死んでしまうん?
…エラッタして「召喚酔いを無視して」って付くの?
[ 2019/04/22 18:08 ] [ 編集 ]
シグマティス死んでもいいから、防御札に使える有能な自然のトリガーを二種類欲しいな
[ 2019/04/22 18:18 ] [ 編集 ]
「デザイン上」の裁定がまた出るのかな
[ 2019/04/22 18:28 ] [ 編集 ]
調整中
[ 2019/04/22 18:58 ] [ 編集 ]
過去のカードの性能を上げるより、シグマティスにエラッタで「他のオーラがなければマッハファイターを得る」が加わえる方が現実的。
[ 2019/04/22 19:22 ] [ 編集 ]
シグマティスはまだしも既存のアンタップキラーの処遇はどうなるやら
[ 2019/04/22 19:39 ] [ 編集 ]
運営ちゃんしっかりして、と言うかウィザーズか
何年カード作ってんだよってな。大会盛り上げるつもりあるならしっかり整備してくれー
[ 2019/04/22 19:50 ] [ 編集 ]
デザイン上とかクソにもほどがある
カードの効果はルールに勝つんだからデザイン上なんてのやったら矛盾を起こすだけ
[ 2019/04/22 20:09 ] [ 編集 ]
シグマティスくんは「そのターン」ってちゃんと書いてあるからなんの問題も無いと思うんだけど、ダメですかね?
[ 2019/04/22 20:17 ] [ 編集 ]
復帰勢だから裁定に関して全然詳しくないけどシグマティスのつけた時ってテキストで何でアンタップキラー達がマッハファイター的になるみたいな解釈が出てきたんだ?
テキスト通り読めばシグマティスは能力の付与、アンタップキラー達は常在効果って感じなんだけど
[ 2019/04/22 20:44 ] [ 編集 ]
「召喚酔い」vs「攻撃できる」で、どちらが優先されるか、という議論になっているんじゃないかと。

基本的に召喚酔いを無視するためには明文化されている必要があったんだけど、
シグマティスにはその表記はないから、額面通りに受け取ると召喚酔いしてしまう。

「攻撃できない効果は無効」であったりマッハファイターであったりは例外的に召喚酔いを乗り越えられたけど、そのいずれでもない。

結果として、シグマティスで召喚酔いを回避するためには、例外的な裁定をだすか、「攻撃できる」を召喚酔いに優越させるかのいずれか。

後者を採った場合、アンタップキラーは「タップされていないクリーチャーを"攻撃できる"」能力だから、召喚酔いより優先されて、マッハファイター擬きになる、という理屈。

シグマティスのテキストから、「タップまたは」の記述を取り除いて読んでみると、むしろシグマティスが出たターンに殴れるのが妙に感じやすいかも。
[ 2019/04/22 21:26 ] [ 編集 ]
公式が問題の大きさを認識して声明を出したのは良い
でもそれならそれで速攻で正式回答出せよ
黎明期から存在するアンタップキラー能力が根底から覆りかねないのに
いつまで悠長なことをしているのか
[ 2019/04/22 21:36 ] [ 編集 ]
シグマティスのテキストに「この能力で攻撃する場合、召喚酔いを無視する」を追加すれば解決するのに・・・
[ 2019/04/22 22:12 ] [ 編集 ]
米14
それはおかしくね?そもそも召喚酔いなのにアタックできないんだから、それが通るならアタックしてないのにアタックトリガー発動とかよくわからんこと起きそう
[ 2019/04/22 23:00 ] [ 編集 ]
これがコンマイ語ですか?
[ 2019/04/22 23:40 ] [ 編集 ]
《ΔΔΣ シグマティス》と《アカシシーマ/レッド・ア・グラフ》のテキスト『そのターン、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる。』を、《ガンバトラーG7》の流れをくむ「召喚酔い状態であっても対象を限定して攻撃可能にする効果」として扱えばよく、いわゆるアンタップキラーと区別すれば問題はないと思うんだがな。
これなら「以前出した《アカシシーマ/レッド・ア・グラフ》の裁定が誤って(ないしは変更され)ました。」で済む話だったんだが。

ただガンバトラーやマッハファイター然りだが、テキストに「召喚酔いを無視して」的な一文があればここまで問題にならなかったのにと思う。まあ書くスペースの問題もあるんだろうけど。
[ 2019/04/23 00:13 ] [ 編集 ]
イラスト派手にすんのも良いけど、カードゲームとしての土台は疎かにすんなってコトだな。今回のテキスト問題はアンタップキラーだけに留まらんから今後の運営の方針かなり重要だなぁ、どうすんだろうねマジで
[ 2019/04/23 00:26 ] [ 編集 ]
101. デュエル・マスターズの絶対法則
101.1. カードの効果はルールに勝つ
カードの文章がルールに直接矛盾しているときは、カードの記述が優先されます。(カードはその特定の状況に適用されるルールだけを無視します。)
101.2. 「できない」効果は「できる」効果に勝つ

「召喚酔いだと攻撃できない」ルールに「タップされていないクリーチャーを攻撃できる」効果が勝つ
こう考えれば殴れる気はするけど

【特定の状況に適用されるルール】
ここの裁量次第で簡単に変えられるって言うね


[ 2019/04/23 00:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

記事検索
スポンサードリンク
スポンサードリンク
頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。



鹿の胴体様より頂きました。イラストはバブ美様が描かれた作品です。ありがとうございます。
月別アーカイブ