2019.04.22 00:26

【大事なご案内】裁定記事のあり方について

カテゴリ: このブログに関して | 

今回のような大きな裁定変更があった場合の公開のあり方について、当ブログの考え方を共有します。

はじめに


この手のコンプライアンス問題は皆様のご意見をもとに少しずつ改良・あるいは大きく方針転換する事があります。
もし「これはおかしくない?」という点があれば、是非遠慮なくコメントして下さると助かります。

デネブログでは判例を基にした多角的な確認と複数確認を得た上で、複数確認を得られた時点での公開をしております。

もしかしたら、明日裁定がコロっと変わっているかもしれませんが、3人で事務局に確認を取り、その全員が正式回答として回答されているわけですから、事務局員が変な事を言ったわけではないですし、もし3人で確認して全員が正式回答として案内された内容が間違っていたなら、相応の理由(または原因)があるはずですから、それは個人ブログであるデネブログでは対応できない範囲という事になります。

個人ブログで対応すべき範囲ではなく、本来は公式から直接発表される事が望ましいと考えております。
(最も、この記事の主旨はこの現状を批判するためのものではありませんので、この記事を引用して公式を批判するような事はご遠慮下さい。)

今回の裁定変更の規模は大きく、もし万が一ころっと裁定が変わった場合、デネブログへのヘイトは避けられないだろうと考えます。
この記事では公式にヘイトが向きうる内容を含むものの、自己防衛のため不本意ながらこのような内容の記事を公開しました事を、何卒ご理解下さい。
決して公式を批判する目的で書いた記事ではなく、公式も出来うる限りの事をして下さっていますから、公式の批判は遠慮して頂きたい事を表明致します。

(昨年辺りで、嬉しいことに事務局員が増員されたようですからね。)

まず、いくつかたまに見かける疑問について回答します。

1.何故認定ジャッジに複数確認を依頼しないのか


以前認定ジャッジにダイレクトメールを送り、裁定確認のお願いしていた事もありましたが、ほぼ全てのパターンで返事がないか、あるいは今は協力できないとの返信があり、人数の多い認定ジャッジ全員に可能であるか聞いて回るというのは、個人ブログとしては不可能であるため断念しました。

現在は再確認して頂ける方を募集するツイートをして、ダイレクトメールを送って頂いておりますが、『責任を背負い』『繋がりにくい時は2時間程度かかる事もある』労力を背負おうという有志は少なく、3時間以上待っても2~3名が限界というのがザラにあります。
複数確認として名前を掲載する事を遠慮して欲しいと仰る認定ジャッジの方もおり、その場合は複数確認であったとしても単数確認として掲載しております。
(認定ジャッジの名前が出る事で過信し、人為的なやむを得ないミスを許さない方も中には居ますから、認定ジャッジである自分の名前を載せたくないという言い分もまた正しいと考えておりますので、この事を責める事はないようにお願い致します。)

この事から現状は認定ジャッジによる複数確認というのは現実的ではありませんし、可能であっても名前が載らず複数確認なしのままとなるケースが多くあります。
もし協力して下さる認定ジャッジの方がいらっしゃいましたら、デネブログのTwitterアカウントで事務局への再確認を募集するツイートを行った際に、是非ダイレクトメールにてご連絡下さい。

2.怪しい裁定は広まるまでデネブログでは公開しなくてもよいのでは


まず、怪しい裁定とは誰が定義するのでしょうか。
『暫定回答』の場合は、こちらで「暫定回答はAの裁定やBの総合ゲームルールと矛盾するので、暫定回答なしにすべきではないか」と進言する事がありますが、
『正式回答』の場合は、デザインの変更を伴う大幅な裁定変更による正式回答も多い事から、事務局員側で怪しいと思ったとしても明確な矛盾点がなければ、その内容以外を伝えようがないですし、もしそれ以外の内容を伝える事があればそれ自体が大問題です。
よって、正式回答である限り、怪しいかどうかは過去の判例との矛盾によってのみ判断でき、デザインの変更を伴うものである場合、それは矛盾の指摘が圧倒的に難しい事になります。

例えば、キュラックスやメスタポの裁定変更、あるいはジャバランガやネログリフィスの裁定変更はとても大きな裁定変更でありながら、その告知は公式HPで行われませんでした。
このように、過去の判例を覆す目的で裁定変更の正式回答を出す事がありますから、「怪しい」のか、「デザインが変わるような裁定変更」なのかを判断できる人間は公式の人間以外にいません。
当然、それが正式回答である以上は事務局員はそれ以外の答えようがありませんし、デザインの変更が目的となっているような、大幅な裁定変更の場合は、こちらも矛盾点の指摘ができません。

矛盾点の指摘ができない以上、事務局員は公式からの正式回答を用いた回答をしますし、それ以外の回答をされる事があればそれこそ大問題です。

デネブログが公開するから問題が露呈するのだ、思われている方も一部にはいらっしゃるようですが、
そもそもの話として、デネブログ筆者がたどり着いている時点で、たどり着きえない裁定というのは存在しません。
よって、多くの場合デネブログ筆者がたどり着く裁定はどこかの誰かが注目しており、それをツイートで見かけたデネブログ管理人が判例を踏まえて質問した結果、その回答を得られているという事になります。

事務局確認内容をツイートする方もいらっしゃいますが、ブログというワンクッションを置いているデネブログに比べ、事務局確認内容を直接見る事ができるツイートの方が遥かに多く共有される事があります。
この場合の影響力はデネブログより大きいという事になりますので、デネブログだけが影響力が大きいから特別な対応を取るべきという意見は、デネブログより影響力を持つ個人が存在できる時点で破綻しています。

公式が狙ったタイミングで裁定が公開されるべき、という意見も中にはございますが、こうした経緯があり、なおかつ正式回答による裁定変更が出てから1ヶ月以上、公式HPに掲載されない例も多々ありますから、公式が事務局に対して正式回答を出すよりも前か、それと同時に公式HPに掲載して頂く以外、公式が狙ったタイミングで広がる、という事は無いと考えております。

その上で、過去の判例に基づいた矛盾点の指摘や単数確認による勘違い、誇張表現が含まれる拡散が初報となる事が最もユーザーにおいて混乱のもととなると考え、デネブログでは沢山の方にご協力頂いて、過去の判例に基づいた質問や複数確認の上で、事務局が得ている裁定について、より正確な形でお届けしております。

大きく広がるまで非公開でよいのではないか、という意見もありますが、1度広まってからでは再確認をしようとしたとしても、事務局に繋がらない事がほとんどです。

そのツイートの中に、こちらで複数確認を得られたものとは異なる内容が一部含まれていた場合、基本的に過去に回答されたものより、現在回答されたものの方が正しいという見方になりますから、いくら昔に複数確認を取っていようと、その日にツイートされた内容の方が正しいという認識になり、これがいくら単数確認であったとしても、過去の複数確認ではこれを否定する事はできません。

このように、過去のものになった瞬間に複数確認は現在の単数確認に敗北し、再度確認し直す必要が出るわけです。

ですが、大きな裁定が広まった際に事務局に繋がりにくい現状は先ほどお話した通り。

そのため、他の方のツイートなどで広まるよりも前にこちらで再確認を取り、再確認が取れ次第できるだけ早いタイミングで公開する事で、『判例についても指摘済み』で、『再確認が取れている』内容が初報として公開される方が、混乱が少なく済むと考えております。

(※もちろん事務局を介さずに公式から言及があるものが最も混乱を招かないのですが。)

また、事務局への問い合わせが増えた場合に、その回答内容が公式の思惑と異なる場合、公式から直接の言及があるのではないかとも考えております。

そして、これは1人のプレイヤーとしての話ですが、自分が事務局確認して得られた最新の裁定が共有されていなかった為に、相手も知らず、ジャッジも知らない場合、どこにも公開されていないし事務局に繋がらないから今まで通りでプレイしてくれ、と言われたらイベント進行上は適切な判断ですが、プレイヤー心理としてはとても嫌な気持ちになりませんか?

筆者はそれが嫌なので、事務局に確認して得られた内容については、共有され、違和感のある内容は多くの人が総当たり式で確認をする事で、その内容が正しい事を認識していく、というのが良いのではないかと思っております。

そもそも、暫定回答や正式回答は共有されるべきでないという声もありますが、あなたが見ているその判例も過去に共有されたものですよね。
もし最新の裁定がまとまっていない場合、なにを判断基準にしたら良いのでしょうか。

たまに、突然裁定変更が発表されると、ジャッジの負担を心配される方も居ます。
実際にCSでは最新の裁定について細部の確認がジャッジ間で追いついていないので、採用されない事があります。
この場合は、裁定が公開されないようにするのではなく、CS各位がジャッジの負担を鑑みて、その裁定を採用するかを判断すればよく、裁定が公開されているかどうかはジャッジの負担に関係ありません。

先ほども挙げたように、デネブログだけが最新の裁定を発信するわけではないですからね。

3.怪しい裁定なのではないか


デネブログでは事務局確認において、

1.その裁定が正式回答か暫定回答か
2.それが正式回答である場合、正式回答として書かれている文章はどのような内容か
3.暫定回答の場合、統一された暫定回答か
4.判例を踏まえて、矛盾点があればそれを指摘し、確認中(暫定回答なし等)に変更となるか

以上の確認をしております。(実際はもうちょっと多いので、1つの質問あたりに15分ぐらいかかる事も多々あります。)

今回の《砕神兵ガッツンダー》などのアンタップされているクリーチャーを攻撃できる効果を持つクリーチャーの裁定変更は判例そのものを塗り替えるような裁定変更ですから、違和感があっても矛盾の指摘が行えません。

「大きな変更ですよね?」「そうですねー。でかいと思います。」「いろんなカードの裁定変わっちゃいますよねー。」「まあ、結構大きく変わりますよね。それこそ○○とかも使い方変わってくるのかなと思います。」「あ、それも変わるんですね。なるほど・・・。」ぐらいの会話しかできません。

仮に違和感が大アリだったとしても、事務局員は正式回答以外の回答を答えようがありませんし、もし違和感という感情問題に合わせて正式回答以外のものが回答される事があれば、それこそ大問題です。

怪しい裁定が出た場合、出来る限り様々な判例を指摘して、「(様々な矛盾があるので)暫定回答なしにするなどで再度確認した方がよいのでは」と進言できるものはそうしておりますが、今回のような場合は正式回答として今までとは異なる動きをするという内容ですから、これ以上のやりようがないと考えております。

(ちなみに、暫定回答なしが増えつつあるのは事務局が悪いというわけでなく、筆者が怪しいと思ったものを片っ端から判例を挙げて、怪しければ違和感のある暫定回答を得ようとするのではなく、暫定回答なしの方が良いのではないですか?と進言した結果、そうして下さっているからというケースもあるので、致し方ないと思います・・・。)

4.今回の事務局確認において、《砕神兵ガッツンダー》の裁定変更を知った経緯について


《レッド・アグラフ》の裁定に基づいて、《ΔΔΣ シグマティス》を装備したクリーチャーは出たターンにタップまたはアンタップされたクリーチャーが攻撃できないのではないか、という話題を見て、デザイン上は違和感のある状況だったので事務局に確認を行いました。
その結果《レッド・アグラフ》の裁定が変更になっており、これに基づいて《ΔΔΣ シグマティス》についても変更になっているという案内を受けました。

しかし、同様のテキストを持つ《フル・コマンド》は以前、「マッハファイターと異なり出てターンにタップされていないクリーチャーをアタックできない。」とする裁定が出ていたため、これと何が違うのか確認したところ、《フル・コマンド》も裁定変更になっているという案内を受けました。

裁定変更の範囲がどこまでであるか把握したかった為、《騎兵総長キュラトプス》について確認したところ、《音速ドライブ》の裁定が2018年7月付で変更になっており、正式回答で《音速ドライブ》は出たターンにアタックできるとされている案内を受けました。

このように、これまでにも様々なカードの裁定の判例としていくつかの候補を挙げたり、あるいは事務局員の方が判例として挙げたものから、ユーザーに認知されていない正式回答を知る事があり、これを記事に挙げる事があります。

(これとはシチュエーションが異なりますが、ジャバランガの裁定変更に関する正式回答が施行から2ヶ月以上経過してから判明した事もありました。)

今回の一件は、

事務局:与えられた正式回答以外は回答できない
ユーザー:自己防衛のためには裁定を共有・発信する必要がある

という状況ですから、どちらも悪くないという事になります。

今回の場合、もしかしたら明日裁定がコロっと変わっているかもしれませんが、3人で確認を取り、それが正式回答であると3人とも回答されている中で、それが間違っていたなら相応の理由があるはずですから、それは個人ブログであるデネブログでは対応できない範囲という事になります。

正直、この体制についても4~6時間以上かかる事が多く、場合によっては2日以上かけて対応をしておりますので、限界が見えつつあります。
何度も申し上げますが、個人ブログだからこそ限界があるのであって、理想は公式から直接裁定が公開される事です。

また、事務局はあくまで初歩的なルールやわかりづらいところを確認する、補佐的な役割だと考えております。
しかし、現状はなんらかの理由で今はまだ公式からの直接の裁定変更のお知らせが得られていない以上、この形が最も混乱が無いのではないかと考えております。

おまけ:たまにあるご意見

Q.デネブログで裁定振り返りづらいんじゃい!
A.自分でもそう思ってます。申し訳ないです。
ただ、他人の場所でやるとその人がやる気なくした時にサーバーとかの問題で今までのデータがおじゃんになる事があるので、自分がやる気無くさない限り存続でき、なおかつ1番慣れた場所で時短更新できる自分のブログでやってます。流石に趣味の時間も欲しいので、利便性より時短更新を選んでるのは許してにゃん

それでもどうしても納得できない人は公式にラブコールを送るか、あなたが振り返りやすいサイトを作成し(あるいは利用し)、同じように事務局に直接確認を取り、有志による複数確認を募るなどの方法を取り、その内容を公開すれば解決します。そうなるとデネブログ管理人も助かる。

あと、「事務局確認内容をツイートとかで共有したいけどあってるか不安」って人は多いと思います。
前例がないものだったり、裁定変更されたものであれば全てこちらで再確認した上で公開したいと思っていますので、事務局に確認して得られた内容をお寄せ下さると嬉しいです。

先ほども挙げましたが、この手のコンプライアンス問題は皆様のご意見をもとに少しずつ改良・あるいは大きく方針転換する事があります。
もし「これはおかしくない?」という点があれば、是非遠慮なくコメントして下さると助かります。

以上、今後ともデネブログをどうぞよろしくお願い致します。

追記:
Q.なんでTwitterでやらないんですか?
A.編集機能がなく、スクリーンショットされやすい場所だからです。

Q.なんでスクショしてのツイートが駄目なんですか?
A.事務局に確認していない人が発信する事で、その人の私見がツイートに混ざりやすかったり、前後の裁定で補足している、あるいは事の経緯を理解して貰うよう構成する場合も多いですから、記事全体を見ないという事はそれだけ本来記事で生まれ得ない認識の相違が発生する事があります。
原本を見ないという事は、仮に想定していなかった伝わり方をした為に、編集をしたとしても、その編集内容は見て貰えないという事になります。
このように、ユーザーが原本を見る事がなくなるという事は、それだけ混乱しやすくなるという事です。

Q.将来的な収益狙いでは?
A.別に公式が駄目といえば収益が出ない方法に切り替えますが、そうでない以上はこれだけ頑張ってるので、流石に電話代と少しのご褒美ぐらい下さい。
それでもどうしても納得できない人は公式にラブコールを送るか、あなたが振り返りやすいサイトを作成し(あるいは利用し)同じように事務局に直接確認を取り、有志による複数確認を募るなどの方法を取り、その内容を公開すれば解決します。そうなるとデネブログ管理人も助かる。
コメント: コメント(19)
いつも裁定やルール確認でお世話になってます
個人ブログとしては本当によくやってると思いますし頭が上がらない程です
今デュエマをプレイできてるのはデネブログさんの働きがあってこそだと言っても過言ではないと思ってます
早急に公式でのルール整備や広報を進めて欲しい所ですね
[ 2019/04/22 00:53 ] [ 編集 ]
いつもお疲れ様です
裁定の確認不足で負けた経験からこのサイトにはお世話になっています。
こういう話題が出ている、疑惑があるという裁定についても後から知ってモヤモヤするより、一応ジャッジに確認した上で進行する方が納得が行くので回答が出なくても公開してほしいです。
[ 2019/04/22 01:23 ] [ 編集 ]
こういう話題が出ている、疑惑があるという裁定についても後から知ってモヤモヤするより、一応ジャッジに確認した上で進行する方が納得が行くので回答が出なくても公開してほしいです。>
この場合は質問のみ掲載し、回答部分は暫定回答なしとして公開しております。
暫定回答なしの場合に得られる回答=事務局員の私見については、事務局員ごとに意見が分かれる場合や、矛盾の指摘によって案内が変わる、いわゆる不安定な状況ですので、回答は掲載しておりません。
[ 2019/04/22 01:26 ] [ 編集 ]
いつもありがとうね
[ 2019/04/22 01:36 ] [ 編集 ]
いつも記事読ませてもらってます。
主観でおかしいと思う裁定も少々あれど、裁定記事に助けられてる人は自分含め多いと思います。
無理せずがんばってください。
[ 2019/04/22 07:33 ] [ 編集 ]
スムーズな裁定確認の方法が周知されてないのも問題かなぁ
疑問の多い初心者ほど敷居が高い
[ 2019/04/22 07:51 ] [ 編集 ]
私が事務局に電話する前は、「そんな数分のこと」と思ってましたが、実際は繋がらない繋がらない。事務局に電話することが本当に時間と精神力のかかることだと理解したあと、こちらのサイトの苦労が大変なものだと感じてます。

個人的にはデネブログさんのやり方に疑問はありません。正着だと思います。
公式の裁定発表の脆弱性が大問題である、と改めて思いますが、KONAMIと違って本社がアメリカにあるので、公式も二の足を踏んでいるのかなぁと思います。それにしても、ですが。
[ 2019/04/22 08:11 ] [ 編集 ]
公式が裁定変更、ユーザー確認があったらツイッターでもいいからどんどん発表して欲しいよなぁ理想は。
このご時世そんくらいはしてもらわんとな、仕事なんだし
[ 2019/04/22 08:41 ] [ 編集 ]
ツイッターに問いだけではなく、回答含めて掲載すれば、一番見やすいですし拡散されますので、是非検討いただきたいです。
クッションページや動画は確認が手間です。
収益を得たいからスクショ禁止にしてブログ記事にしたり、将来的な収益申請狙いで動画あげている訳ではないのであれば、明日からできると思いますがいかがですか?
[ 2019/04/22 11:42 ] [ 編集 ]
いつもお世話になってます

正直なところ、裁定の変更や確認については公式が随時告知(せめて1日の終わりに、その日あった大きな変更についてだけでも)してくれれば、こういった混乱とかも無くなるんでしょうけど…
最新の裁定を知ることができる場所がどうしても少なくなる現状、近い時期の確認をまとめて掲示したり、類似の裁定ついて付記してくれるデネブログさんは大変重宝するのです

今後とも、無理のない範囲でよろしくお願いします
[ 2019/04/22 12:34 ] [ 編集 ]
ツイッターに問いだけではなく、回答含めて掲載すれば、一番見やすいですし拡散されますので、是非検討いただきたいです。>
この件については記事の末尾に追記しておきました。
[ 2019/04/22 12:37 ] [ 編集 ]
がんばえー!デネキュアがんばえー!
…縁起でもない話だけどここの管理人さんがなんかなって更新が出来なくなった時に裁定関係の発信力がある人がほぼいなくなるのヤバイよねぇ…
[ 2019/04/22 13:29 ] [ 編集 ]
そもそもですが、他のTCGではこういった裁定情報は個人で扱うのが普通で、それに対して『間違った情報が増える』という問題点が多々あるし
それ故に、「独占情報状態」になっているのが批判の的になっているのでは?
[ 2019/04/22 15:06 ] [ 編集 ]
何も独占してないと思いますよ
ここに書いてあることを自分で事務局に聞いても同じ内容が帰って来ますし、誰でも同じように裁定をまとめることはできます
しかしそれをするにはとてつもなく労力がかかるので他にする人が少ないだけです
その労力を惜しまない人がいるなら、ツイッターとかでもいいのでまとめて欲しいです
複数あった方がプレイヤーとしては助かります
[ 2019/04/22 15:34 ] [ 編集 ]
いつもお疲れ様です。助かってます。
広告費ぐらいどんどん取って行ってね。
[ 2019/04/22 16:07 ] [ 編集 ]
なんか変なのいてワロタ
[ 2019/04/22 21:01 ] [ 編集 ]
伝わりやすいツールと混乱を防ぎやすいツールは異なります。
ご提案された『Noteで回答は無料、詳細は有料』という形式は最も混乱を招きますよね。

裁定が変更されても動画を消さないのはおかしくないですか?>
昔はこうで今はこう、という風にしか受け取られませんから、裁定変更の歴史として残すようにしています。
もしそう受け取れないユーザーが居るなら、それは消しても消さなくても受け取り方は変わらないと思いますよ。
[ 2019/04/22 22:20 ] [ 編集 ]
そもそも公式がやるべきことやってないから歪みが生まれてるんだよね
HPの片隅にでも載せればいいのに
[ 2019/04/23 19:47 ] [ 編集 ]
アフィ
[ 2019/04/26 03:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

記事検索
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。