新商品情報デッキアイディア&コンボ集優勝デッキレシピ集ユニークな優勝デッキレシピ集環境デッキレシピ集YouTubeチャンネル
裁定昔のカード安くて強いデッキ3ターンキル昔のデッキ環境デッキランキング
2018.10.08 13:38

【デュエルマスターズ】《月光電人オボロカゲロウ》再録時のテキスト変更と過去の判例について

カテゴリ: 速報 | デュエル・マスターズ 

月光電人オボロカゲロウ

《月光電人オボロカゲロウ》再録時のテキスト変更と過去の判例について。




月光電人オボロカゲロウ

月光電人オボロカゲロウ
2 クリ 水 グレートメカオー 1000
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンにある文明ひとつにつき、カードを1枚引いてもよい。その後、引いたカードと同じ枚数の手札を、好きな順序で自分の山札の一番下に置く。

月光電人オボロカゲロウ

月光電人オボロカゲロウ
2 クリ 水 グレートメカオー 1000
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンにある文明ひとつにつき、カードを1枚引く。その後、引いたカードと同じ枚数の手札を、好きな順序で自分の山札の一番下に置く。

テキスト変更は引いてもよい。→引く。
長期戦も視野に入る『ドギラゴン剣』『オボロティガウォック』にとって、この変更は微々たる差・・・というわけではなさそうです。
テキストミスという事でエラッタが入る事もありますが、念のため過去の判例も見ていきましょう。

父なる大地 DMX-18

父なる大地
3 呪文 自然
■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置いてもよい。その後、相手のマナゾーンから進化ではないクリーチャーを1体選び、相手はこれをバトルゾーンに出す。

父なる大地

父なる大地
3 呪文 自然
■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。その後、相手のマナゾーンから進化ではないクリーチャーを1体選び、相手はこれをバトルゾーンに出す。

《父なる大地》の際は新テキストが適応される事になり、相手の場にクリーチャーがある限り、相手のクリーチャーをマナに送らず引っ張り出すだけ、という使い方が出来なくなりました。

最強熱血 オウギンガ

最強熱血 オウギンガ
11 Dクリ 火 ガイアール・コマンド・ドラゴン 15000
■スピードアタッカー
■このクリーチャーが攻撃する時、または相手がこのクリーチャーを選んだ時、コスト10以下のドラグハート・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。そのクリーチャーはそのターン、「スピードアタッカー」を得る。
■T・ブレイカー

最強熱血 オウギンガ

最強熱血 オウギンガ
11 Dクリ 火 ガイアール・コマンド・ドラゴン 15000
■スピードアタッカー
■このクリーチャーが攻撃する時、または相手がこのクリーチャーを選んだ時、コスト10以下のドラグハート・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。そのクリーチャーはそのターン、「スピードアタッカー」を得る。

《最強熱血オウギンガ》の際は、新テキストがTブレイカーが書かれておらず、事実上の弱体化が疑われましたが、流石にそんな事はなく。
こちらはエラッタであるものとして、T・ブレイカーが書かれているものとしてプレイする事になりました。

プロジェクト・ゴッド

プロジェクト・ゴッド
4 呪文 水
■自分の山札の上から5枚を墓地に置く。その中にゴッドがあり、バトルゾーンにある自分のゴッドとリンクできるなら、そのゴッドを1体バトルゾーンに出してリンクしてもよい。

プロジェクト・ゴッド

プロジェクト・ゴッド
4 呪文 水
■自分の山札の上から5枚を墓地に置く。その中にゴッドがあり、バトルゾーンにある自分のゴッドとリンクできるなら、そのカードをバトルゾーンに出してリンクしてもよい。

《プロジェクト・ゴッド》はエラッタを疑われたものの、エラッタは無いと正式回答が出た事でハイパー強化された例。
適性なゴッドリンクができるカードが複数あった場合、それらが全てリンクできるなら、全て出せるようになりました。
これによって、中央が居る時に右と左を出してリンクさせたり、右が居る時に中央と左を出してリンクさせる事ができる、トンデモテキスト変更となりました。

最後に


月光電人オボロカゲロウ

他にも様々なカードがテキスト変更され、それがミスであるものとしてエラッタされた例とエラッタされずに新テキストを優先された例があるため、現時点で新テキストで確定であるという見方は難しいのではないかと思いますが、多くの例では新テキストが優先されているため、超長期戦が難しくなるかもしれない、という事は今のうちから備えておいて損がないかもしれません。
それではまた。

最新の記事はこちら↓

関連記事

コメント: コメント(12)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ワーグナーとかは昔のテキストに合わせたはず
[ 2018/10/08 15:52 ] [ 編集 ]
単なる誤植の場合と、テキスト変更された場合とあるからこれはどちらなのかだね
誤植ならエラッタが出るだろうけど、特になければ「総合ルール109.1」に基づいて最新のカード表記が適用される事になる
[ 2018/10/08 16:10 ] [ 編集 ]
オウギンガは流石に単にテキストミスなだけだから例として挙げるのはいかがなものか
他2例もそうですが、普通に最新テキストで適用されるでしょう
[ 2018/10/08 17:04 ] [ 編集 ]
ダイハートとかについて忘れてないかな
[ 2018/10/08 17:16 ] [ 編集 ]
強制になったってことは地味に弱体化ってことかな?ゴッドプロジェクトはほんと運がいい。
[ 2018/10/08 17:30 ] [ 編集 ]
ワーグナーって昔に合わせてたっけ?元々山札の上に置くのに山札の下に置くになって弱体化みたいに言われてた気がするけどなぁ
[ 2018/10/08 18:30 ] [ 編集 ]
そろそろ公式でエラッタされているカードの一覧とか作ってほしいわ

ちょっと気になって過去のエラッタ調べてみてリップ・ウォッピーがエラッタ食らってるとか初めて知ったけど
(私の検索不足でなければ)その情報は公式ページには書かれてない。
事務局に確認取るか裁定についてまとめてるところを見ないとエラッタ食らってるのか分からないのは不便すぎる
[ 2018/10/08 20:46 ] [ 編集 ]
まぁバスターで暴れ回ってたし弱体化の可能性高い かな、今更感あるけど。
[ 2018/10/08 20:54 ] [ 編集 ]
黙ってエラッタするくらいなら誤植の方がまたマシ
[ 2018/10/08 21:46 ] [ 編集 ]
しれっとボンソワールもエラッタされてたよな
バトルゾーン以外のクリーチャーのハンデスにも対応できるようになった
まぁあれは最初のこそがエラッタ案件だったとも言えるけど

エラッタされて弱体化したり使いづらくなるやつもいるけど、プロジェクトゴッドとかボンソワール見たいに強くなるやつもいる
[ 2018/10/09 10:41 ] [ 編集 ]
オウギンガのTブレイカーが消えなかったのはデザイン上の関係です()
[ 2018/10/09 19:42 ] [ 編集 ]
エビデゴラスを一瞬だけ強化した事もあったな
任意でよかったろあれ
[ 2018/10/09 23:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
安くて強いデッキクイズコーナー相場情報構築済みデッキランキング

ブログについて
ブログに関するお問い合わせはこちら メールフォーム
Twitter等へのスクリーンショット等を利用した記事の引用・転載はご遠慮頂きます様お願い致します。
記事検索
スポンサードリンク
このブログについて

■ブログ名:デネブログ

デュエルマスターズのデッキ、優勝デッキレシピ、コンボ、環境解説などを掲載しています。

TOP絵、相互リンク、相互RSSを募集中です。こちらからご連絡下さい。

広告掲載、情報提供、削除依頼などはメールフォームまたはTwitterのダイレクトメールにてお寄せ下さい。

スポンサードリンク
頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。