新商品情報デッキアイディア&コンボ集優勝デッキレシピ集ユニークな優勝デッキレシピ集環境デッキレシピ集2ブロック構築
裁定昔のカード安くて強いデッキ3ターンキルクイズコーナー環境デッキランキング
2018.04.04 20:42

【デュエルマスターズ】ツインパクトの登場で2ターン目に最大24コスト踏み倒し『白赤緑ロック”SPK”スピーカー』のデッキ紹介&デッキレシピ


ロック”SPK”スピーカー

今回は《ロック”SPK”スピーカー》を使用したデッキを紹介します。




デッキレシピ


4 x ヘブンズ・フォース
4 x ダチッコ・チュリス
4 x ロック”SPK”スピーカー
4 x イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ
4 x 暴走 ザバイク/ブンブン・バースト
4 x カツラデランス/「アフロ行きま~す!!」
4 x ケタノッコ・タンク/ケタノビール・ランサー
4 x 奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ
4 x デスマッチ・ビートル
4 x 瞬封の使徒サグラダ・ファミリア

DMvault用ハッシュ:b19cf42be3032830bf0df9a2518898b2


デッキレシピ(ワ・タンポーポ・タンク採用)


4 x ヘブンズ・フォース
4 x ロック”SPK”スピーカー
4 x イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ
4 x 暴走 ザバイク/ブンブン・バースト
4 x カツラデランス/「アフロ行きま~す!!」
4 x ケタノッコ・タンク/ケタノビール・ランサー
4 x 凶戦士ブレイズ・クロー
4 x 赤攻銀 カ・ダブラ
4 x ワ・タンポーポ・タンク
2 x 希望の親衛隊ラプソディ
2 x 予言者クルト

DMvault用ハッシュ:4d2e5f65228765080cbedb38c2fd38f8


デッキレシピ(タップキル軸)


4 x ロック”SPK”スピーカー
4 x イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ
4 x 暴走 ザバイク/ブンブン・バースト
4 x カツラデランス/「アフロ行きま~す!!」
4 x ケタノッコ・タンク/ケタノビール・ランサー
4 x ダチッコ・チュリス
4 x デスマッチ・ビートル
4 x 砕神兵ガッツンダー
4 x 音速 ドライブ
4 x 雪精 ホウホウ

DMvault用ハッシュ:7c524c38e99b65e1115466abf6c7efca

ツインパクトの登場で2ターン目に24コスト踏み倒し


ロック”SPK”スピーカー

ロック“SPK(スピーク)”スピーカー VR 火文明 (4)
クリーチャー:ビートジョッキー 4000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。この3枚のコストの合計が6以下なら、その中のクリーチャーをすべてタップしてバトルゾーンに出す。その後、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。

安くて強いデッキでおなじみ、価格の安さの割に公認大会での優勝報告数が多いカード、《ロック”SPK”スピーカー》。
表向きにしたカード3枚のコストの合計が6以下であれば、その中のクリーチャーを好きな数バトルゾーンに出す事ができます。
表向きにしたカード3枚はクリーチャーであってもそうでなくてもコストを数える事になります。

例えばコスト3のカードが1枚でもめくれた場合、残りはコスト1が1枚とコスト2以下が1枚でなければコスト6以上になってしまい、成功率を上げるためにはコスト2以下のクリーチャーを多く採用する事になります。

ケタノッコ・タンク/ケタノビール・ランサー

公式動画でも取り上げられたルールですが、ツインパクトの場合はコストを2つもっています。
これが《ロック”SPK”スピーカー》と組み合わさった場合の処理は以下の通り。

クリーチャーのコストを参照する効果の場合はクリーチャー面のコストしか参照できませんが、《ロック”SPK”スピーカー》はクリーチャーや呪文などのカードタイプを問わずにコストを参照するので、ツインパクトの場合は《ロック”SPK”スピーカー》を出した側である自分がクリーチャーか呪文のどちらか好きな方のコストを参照できます。

そして、その中のクリーチャーをすべてバトルゾーンに出す事ができるので、例えば、《ケタノッコ・タンク/ケタノビール・ランサー》が3枚表向きになった場合は、《ケタノビール・ランサー》側のコスト1のカードが3枚表向きになった扱いにする事で、コストの合計は3となり、さらにその中のクリーチャーを好きな数、場に出す効果で《ケタノッコ・タンク》を3体バトルゾーンに出せる事になります。

《ケタノビール・ランサー》が3体出るとクリーチャー面で見た時のコストは8×3で24コストの踏み倒し、Tブレイカーが一気に3体も並びます。

少々ややこしい処理ですが、覚えてしまえば簡単で強いコンボなので覚えておいて損はないと思います。

ただし、事務局確認時は暫定回答でしたので、公式動画で取り上げられてはいますが、正式回答次第で変更になる可能性については念のため考慮しておいた方が良いかもしれません。

ヘブンズ・フォース

このようにコストの参照がカード参照で、なおかつ分離している場合だけ出来るコンボですので、例えばコストの合計が4以下になるようにクリーチャーを選んで、それをバトルゾーンに出す効果を持つ呪文《ヘブンズ・フォース》で、《ケタノッコ・タンク/ケタノビール・ランサー》をコスト1として4体出す・・・という事は出来ませんのであしからず。

《ヘブンズ・フォース》は《ロック”SPK”スピーカー》を2ターン目にバトルゾーンに出せるカードで、上手く決まれば2ターン目にクリーチャー1体とTブレイカーのクリーチャーが3体並びます。
凄い時代になったものです。

ダチッコ・チュリス

《ロック”SPK”スピーカー》はコスト4なので、3ターン目に《ダチッコ・チュリス》のコスト軽減から召喚する事もできます。

カツラデランス/「アフロ行きま~す!!」 1暴走 ザバイク/ブンブン・バーストイチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ

アタッカーとして採用しているツインパクトのカードですが、呪文面も優秀。
例えば、このデッキが苦手とする《洗脳センノー》を破壊できる《ブンブン・バースト》、手札交換ができる《アフロ行きま~す!!》、ブーストから次のターンの《ロック”SPK”スピーカー》に繋がる《レッツ・ゴイチゴ》などなど、相性も抜群。

ワ・タンポーポ・タンク

問題は《異端流しオニカマス》対策が採用できない事で、先ほども紹介したようにコスト3の《ワ・タンポーポ・タンク》を採用しようとしても、表向きになったカードのうち1枚はコストが1でないといけなくなります。
そこで、上記で掲載している2つのデッキレシピのうちコスト1多めの形ではコスト1のカードを多く採用した上で《ワ・タンポーポ・タンク》を採用しています。

砕神兵ガッツンダー

コメント欄より頂いたんですが、アンタップキラーのコスト2のクリーチャー《砕神兵ガッツンダー》《音速ドライブ》と《ケタノビール・ランサー》や《雪精ホウホウ》を組み合わせると《洗脳センノー》と《異端流しオニカマス》の両方を処理できるうえ、《砕神兵ガッツンダー》なら《デスマッチ・ビートル》の破壊も狙えます。
こうした形もアリかもしれませんね。

最後に


ロック”SPK”スピーカー

見た目以上に派手な動きを見せ、CSのように連戦が続く場合は厳しいながらも公認大会であれば十分に優勝が狙える《ロック”SPK”スピーカー》も新たな戦法を手にした事で、これまで以上に上振れが楽しいデッキになったのではないでしょうか。
それではまた。

コメント: コメント(2)
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
タケノコガッツンダーでデスマッチとカマスとれますね
[ 2018/04/04 21:51 ] [ 編集 ]
>問題は《異端流しオニカマス》対策が採用できない事で、

わかります(経験者)。先攻とって2ターン目ヘブンスSPKが成功して並べれなければ大体負けました。
勝てた時は奇石トパーズの攻撃曲げでカマス撃退できたことも重なりましたが。

なるほど、ガッツンダーは高性能。そしてやっぱりタンポーポは強い
[ 2018/04/05 09:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
安くて強いデッキクイズコーナー相場情報構築済みデッキランキング

ブログについて
ブログに関するお問い合わせはこちら メールフォーム
Twitter等へのスクリーンショット等を利用した記事の引用・転載はご遠慮頂きます様お願い致します。
記事検索
スポンサードリンク
このブログについて

■ブログ名:デネブログ

デュエルマスターズのデッキ、優勝デッキレシピ、コンボ、環境解説などを掲載しています。

TOP絵、相互リンク、相互RSSを募集中です。こちらからご連絡下さい。

広告掲載、情報提供、削除依頼などはメールフォームまたはTwitterのダイレクトメールにてお寄せ下さい。

スポンサードリンク
頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。