新商品情報デッキアイディア&コンボ集優勝デッキレシピ集ユニークな優勝デッキレシピ集環境デッキレシピ集2ブロック構築
裁定昔のカード安くて強いデッキ3ターンキルクイズコーナー環境デッキランキング
2018.03.14 14:03

【デュエルマスターズ】《拘束の影メリコミ・タマタマ》が活躍?新カード考察・コンボ紹介:《追憶人形ラビリピト》


拘束の影メリコミ・タマタマ

今回も今日までに公開された”DMRP-05 双極篇 拡張パック第1弾 轟快!! ジョラゴン GoFight!!”のカードについて考察してみたいと思います。

・・・







DMRP-05 双極篇 第1弾 轟快!! ジョラゴン GoFight!!収録カード考察


前回と同様に、ツインパクトのカードなど、新弾のカードについて、裁定や扱いについては今後動画や公式サイトなどで詳細が公開されていくと思いますが、ツインパクトの扱いについてはコロコロチャンネルやコロコロニュースなどの各方面で記載されている使い方(多色や多種族とおなじような使い方)でコンボを考えていきたいと思います。
ツインパクトのカードに限らず、発売日までの間に詳細な扱いが公開されると思いますが、その内容次第ではここに書かれているコンボが行えない可能性も十分にありえますので、ご注意下さい。

追憶人形ラビリピト


追憶人形ラビリピト

追憶人形ラビリピト
クリーチャー 闇 マフィギャング
コスト4 2000
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。
■自分のターン中に、コスト8以上のクリーチャーを召喚した時またはコスト8以上の呪文を唱えた時、相手は自分の手札をすべて捨てる。

バトルゾーンに出た時、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる効果を持った新たなデスパペット、《追憶人形ラビリピト》。
コスト8以上のクリーチャーを召喚した時、またはコスト8以上の呪文を唱えた時に相手の手札をすべて捨てさせる効果を持っています。

残念ながら”召喚”にしか反応しないので、《超次元ミカド・ホール》から《時空の封殺ディアスZ》を出しても反応しませんが、自身のコストを0にしたり、軽減して出てくるコスト8以上のクリーチャーや呪文と相性が良いようです。

メリコミ・タマタマ


拘束の影メリコミ・タマタマ

自身の召喚コストをマナにあるクリーチャーの数だけ少なくすることができる《拘束の影メリコミ・タマタマ》。
例えば、自分のマナゾーンにクリーチャーが4体居れば、コスト8から4を引いて、コスト4で召喚できます。

《一撃奪取ブラッドレイン》→《追憶人形ラビリピト》→《拘束の影メリコミ・タマタマ》と繋げば綺麗に4ターン目に相手の手札を空っぽに出来ます。

もちろん、《霞み妖精ジャスミン》→《追憶人形ラビリピト》→《拘束の影メリコミ・タマタマ》でもOK。

《八面の化身》をはじめとして、このサイクルはほかにもあるので、色を追加すれば5枚目以降の《拘束の影メリコミ・タマタマ》としてそれらを採用する事も可能です。

仁王の超人

以前紹介した《仁王の超人》の存在を考えると、コスト8のクリーチャーの召喚、またはコスト8の呪文を唱えることで強力な効果を発揮するサイクルはほかにもありそうです。

これは《拘束の影メリコミ・タマタマ》まさかの高騰なるか・・・?

デ・スザークの無月の門も召喚


卍 デ・スザーク 卍0

無月の門によってコストを支払わずに場に出る《卍デ・スザーク卍》ですが、この無月の門はコストを支払ずに召喚する効果ですので、《追憶人形ラビリピト》の効果の発動条件を満たしてくれます。

タマタマがメリコム方ではなく、こちらの方がデザイナーの思惑だと思いますが、《爆霊魔タイガニトロ》と比べて手札を1枚も残してくれない辺りがかなり凶悪。
果たして、《爆霊魔タイガニトロ》と《追憶人形ラビリピト》のどちらが採用されていくことになるでしょうか。

逆流とのコンボも


神々の逆流

再録により手に入りやすくなった《神々の逆流》ですが、この呪文のコストは8以上に該当する”9”。

《神々の逆流》を唱えて、まずはその効果でお互いのマナゾーンにあるカードをすべて手札に戻す。
次に《追憶人形ラビリピト》の効果を発動させ、相手の手札をすべて墓地に置く。
という手順で行えば、事実上相手のマナゾーンだけをすべて墓地に送る事ができます。
かなり凶悪ですが、自分のマナゾーンもすべて手札に加わっているので、それを上手く生かしたデッキを構築していく必要がありそうです。

他にも・・・


超電磁マクスウェル Z

《金色証明》や《”血煙” マキシマム》、《雪精 ベルベール》、《龍装者 ババルガ》などなど、自身のコストを下げるコスト8以上のクリーチャーや呪文はいくつかありますので、いろいろなコンボが組めそうですが、今回は《超電磁マクスウェル Z》に注目してみました。

コスト8の進化クリーチャーで、サイバーと種族にあるクリーチャーから進化する事が可能です。
さらに、ソウルシフトという効果を持っていて、進化元のクリーチャーのコストの数だけ自身の召喚コストが下がります。
例えば進化元にコスト3の《クゥリャン》を指定した場合、《超電磁マクスウェル Z》を召喚するコストは8から3を引いた数、コスト5で召喚できるという事に。

さらに、コスト8の《超電磁マクスウェル Z》が召喚された事で《追憶人形ラビリピト》の効果が発動。
相手の手札をすべて捨てさせます。
そして、《超電磁マクスウェル Z》が場にいる限り、相手は墓地にある呪文の文明と同じ文明を持つ呪文を唱える事ができなくなります。

《追憶人形ラビリピト》の効果で手札を墓地に置いた上で墓地を参照する呪文ロックを相手にかけるというのは中々相性が良いので、《超電磁マクスウェル Z》を主体にしたサイバー系のコントロールも中々楽しそうです。

余談


忘却人形ラビオール

名称やイラスト的に、もとになったクリーチャーは《忘却人形ラビオール》のようです。
能力も同じような傾向のもので、ちょっと懐かしいですよね。

皆さんはどのようなデッキを構築してみたいと考えていますか?

《卍デ・スザーク卍》の《爆霊魔タイガニトロ》枠を争うカードの登場とだけあってかなり注目されているカードですが、自分はコスト8以上で自身のコストを下げたり、コストを支払わずに召喚または唱えられるサイクルとの組み合わせを色々探してみたいと考えています。

《拘束の影メリコミ・タマタマ》・・・このために生まれてきたのか・・・

メリコミ・フィスト

コメント: コメント(7)
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
タマタマツインパクトカードとも相性いいしワンチャンあるでこれ
[ 2018/03/14 14:12 ] [ 編集 ]
金色証明ならバウンスしてハンデス出来るからなお良しかも。
[ 2018/03/14 14:39 ] [ 編集 ]
タマ◯ンデスザークや!
[ 2018/03/14 14:48 ] [ 編集 ]
オリオティス、防鎧、ミクセルとどう向き合うか。
[ 2018/03/14 15:07 ] [ 編集 ]
デスパペットで8コストシナジーと聞いてブルース思い浮かべたけど、そんなに相性よくないな
[ 2018/03/14 15:19 ] [ 編集 ]
アウンジャイアントといい他にも同じようなサイクルはあるだろうし、メリコミタマタマサイクルも活躍しそうだなぁ。
[ 2018/03/15 09:17 ] [ 編集 ]
ラビリピトメガマグマでジョーカーズ沈まないかなあ。間に合ってくれえ
[ 2018/03/17 22:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
安くて強いデッキクイズコーナー相場情報構築済みデッキランキング

ブログについて
ブログに関するお問い合わせはこちら メールフォーム
Twitter等へのスクリーンショット等を利用した記事の引用・転載はご遠慮頂きます様お願い致します。
記事検索
スポンサードリンク
このブログについて

■ブログ名:デネブログ

デュエルマスターズのデッキ、優勝デッキレシピ、コンボ、環境解説などを掲載しています。

TOP絵、相互リンク、相互RSSを募集中です。こちらからご連絡下さい。

広告掲載、情報提供、削除依頼などはメールフォームまたはTwitterのダイレクトメールにてお寄せ下さい。

スポンサードリンク
頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。