新商品情報デッキアイディア&コンボ集優勝デッキレシピ集ユニークな優勝デッキレシピ集環境デッキレシピ集2ブロック構築
裁定昔のカード安くて強いデッキ3ターンキル環境デッキ相性まとめ環境デッキランキング
2018.01.08 22:45

「モルトNEXT」の解説とデッキレシピ


超戦龍覇モルトNEXT

デュエルマスターズのデッキ、モルトNEXTの解説とデッキレシピ。

2018/01/08:画像を追加、デッキレシピを更新

・・・






モルトNEXT

■ モルトNEXT


超戦龍覇モルトNEXT闘将銀河城ハートバーン

エースカード:「超戦龍覇モルトNEXT」&「闘将銀河城ハートバーン」

どんなデッキ?


・火と自然文明を使用した火のドラゴン主体のデッキ
・ドラグハート・フォートレスを使用する
・圧倒的なカードパワーで相手に攻め込む

序盤~終盤の展開


序盤・・・「メンデルスゾーン」「フェアリー火の子祭」によってマナを増やす。
中盤・・・「無双竜鬼ミツルギ・ブースト」によって除去&加速、「フェアリー火の子祭」によってさらにマナ加速。
「リュウセイ・ジ・アース」からの「蒼き団長ドギラゴン剣」や「スクランブル・チェンジ」からの「超戦龍覇モルトNEXT」への革命チェンジの展開も取れる。
終盤・・・「超戦龍覇モルトNEXT」「次元龍覇グレンモルト「覇」」「伝説のレジェンド ドギラゴン」の強力なカードパワーによって一気に攻め込み、フィニッシュ。

デッキレシピ


1 x フェアリー・ギフト
4 x メンデルスゾーン
4 x フェアリーの火の子祭
1 x スクランブル・チェンジ
4 x 無双竜鬼ミツルギブースト
4 x リュウセイ・ジ・アース
1 x メガ・マナロック・ドラゴン
3 x 次元龍覇 グレンモルト「覇」
4 x 超戦龍覇 モルトNEXT
3 x 伝説のレジェンド ドギラゴン
3 x 永遠のリュウセイ・カイザー
4 x 蒼き団長 ドギラゴン剣
4 x 熱血龍 バトクロス・バトル

1 x 熱血剣 グリージーホーン/熱血龍 リトルビッグホーン
1 x 爆熱剣 バトライ刃/爆熱天守 バトライ閣/爆熱DX バトライ武神
1 x 銀河大剣 ガイハート/熱血星龍 ガイギンガ
1 x 恐龍界樹 ジュダイオウ/恐・古代王 サウザールピオ
1 x 真聖教会 エンドレス・へブン/真・天命王 ネバーエンド
1 x 闘将銀河城 ハートバーン/超戦覇龍 ガイNEXT
1 x 覇闘将龍剣 ガイオウバーン/勝利の覇闘 ガイラオウ
1 x 無敵王剣 ギガハート/最強熱血 オウギンガ

1 x FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~/終焉の禁断 ドルマゲドンX

モルトNEXTを支えるカード達


火文明で、なおかつドラゴンによってデッキの大半を占めるこのデッキにとって、採用枚数を抑えた上でのブースト手段が求められる事になる。
その上で役に立つのが「メンデルス・ゾーン」および「フェアリーの火の子祭」の2種類。

メンデルスゾーン

マナを最大2枚増やす

「メンデルス・ゾーン」は山札の上から2枚をめくり、その中のドラゴンをすべてマナゾーンに置き、残りを墓地に置くマナ加速カード。
デッキの性質上、決して低くない確率で2枚ブーストを行う事が可能であり、火文明を併せ持つブースト手段である点も、マナ武装の発動へ貢献している。

フェアリーの火の子祭

マナを1枚増やす&1枚で複数回発動可能

「フェアリーの火の子祭」は山札の上から2枚を見て、そのうちの1枚をマナゾーンに置けるマナ加速カード。
火文明のカードをマナに置いた時、自身を手札に戻す事が出来る為、次のターンにも同じ「フェアリーの火の子祭」でマナ加速が可能であり、ブースト手段の採用枚数を抑える事に成功している。
利点はそれだけではない。山札を2枚見て、その中の1枚を置く事が出来るので、火文明で、なおかつドラゴンであるカードをマナに置きやすいという点も、このカードの利点である。

エースカード モルトNEXTの持つ凄まじいカードパワー


超戦龍覇モルトNEXT

ドラグハートを出す

「超戦龍覇モルトNEXT」は火のドラグハートを場に出すマナ武装と自身が攻撃などではじめてタップされた時にアンタップできるマナ武装の2つのマナ武装を有する。

凄まじいカードパワーを誇るが、一方で上記で紹介した2つのマナ武装を安定させて発動させる為には構築単位での対応が求められる。
よって、このマナ武装をいかにして満たすかにかかっており、デッキの大半のカードを火文明で、かつドラゴンのカードとする事によってはじめて、安定したマナ武装が実現するようになる。

マナ武装とは?


下記の図のように、火マナ武装3のカードはマナゾーンに火のカードが3枚あればマナ武装が発動する。

マナ武装

マナ武装はマナゾーンに指定されたカードが指定された枚数分、存在する事ではじめて効果を発揮できるというもので、例えばマナ武装3:火文明とあれば、火文明のカードがマナゾーンに3枚ある事で発動する事が出来る。
安定して発動させる為にはデッキ構築の段階で枚数配分によって対応させる必要がある。

ドラグハートとは?


ドラグハート・ウエポン、ドラグハート・フォートレス、ドラグハート・クリーチャーの3種類。
超次元ゾーン(デッキ外)に置かれるカードで、ドラグナーと呼ばれるクリーチャーの効果でバトルゾーンに出す。

ドラグハート・ウエポン

ドラグハート・ウエポン

ドラグハート・フォートレス

ドラグハート・フォートレス

ドラグハートはドラグナー(クリーチャー)によって超次元ゾーン(エクストラデッキ)から出されるカードで、両面カードである。
特定の条件を満たす事でクリーチャー面に裏返す事が出来る。
(※画像では便宜上、表と裏の表記をしているが実際は表裏の概念は無い。)

図:ドラグハート・フォートレスをバトルゾーンへ

モルトNEXT ドラグハート

ドラグハート・ウエポンは超次元ゾーンからバトルゾーンに出す時、ドラグナーに装備される。
ドラグハート・フォートレスはクロスギアなどと同様、バトルゾーンに出すカードでありながらクリーチャーではないし装備する事もないので、クリーチャーを破壊する効果では破壊される事が無く場持ちが良い。

展開される強力な2種類の”ドラグハート”


エースカードである「超戦龍覇モルトNEXT」からはマナ武装によって主に「闘将銀河城ハートバーン」と「爆熱天守バトライ閣」という2種類の強力なドラグハートのうちどちらかが出される。

突破力が凄まじい闘将銀河城ハートバーン

闘将銀河城ハートバーン

火のドラゴンにスピードアタッカー付与

「闘将銀河城ハートバーン」はその効果で場にある限り自分のドラゴンにスピードアタッカーを与え続ける。
「超戦龍覇モルトNEXT」で「闘将銀河城ハートバーン」を出しつつ、「超戦龍覇モルトNEXT」の召喚酔いを解き、出したターンからの攻撃を実現させる。

さらに、「超戦龍覇モルトNEXT」のもう1つのマナ武装効果であるアンタップ効果を発動した時、「闘将銀河城ハートバーン」は「超戦覇龍ガイNEXT」へと龍解される。

龍解

超戦覇龍 ガイNEXT

Tブレイカー&自身を含めた火のクリーチャー全てにスピードアタッカー付与

龍解した「超戦覇龍ガイNEXT」は、その効果で場にある限り自分の火のクリーチャーにスピードアタッカーを与え続ける。
自身も対象である為、このクリーチャー自身も龍解したターンからの攻撃が可能。

「超戦龍覇モルトNEXT」でW・ブレイクし、「闘将銀河城ハートバーン」は「超戦覇龍ガイNEXT」へと龍解され、「超戦覇龍ガイNEXT」でT・ブレイク。
相手のシールド枚数が、試合開始時のシールド枚数である5枚のままであれば、上記2回の攻撃ですべてブレイクする事が可能。

さらにマナ武装効果でアンタップされた「超戦龍覇モルトNEXT」で2度目の攻撃を行う事で、ダイレクトアタックまで決め込む事が出来る。

すべては2つのマナ武装を満たした「超戦龍覇モルトNEXT」の召喚というたった1つの行動から発生している動きであり、「超戦龍覇モルトNEXT」のカードパワーの高さを物語っている。

ドラゴンを展開する爆熱天守バトライ閣

爆熱天守バトライ閣

ドラゴンの攻撃時、ドラゴンをさらに出す

「爆熱天守バトライ閣」はバトルゾーンにある限り、自分のドラゴンの攻撃時に山札からさらなるドラゴンを場に出す事が出来る効果を持っており、継続的な展開を狙う事が可能。

さらに自分のターン中、ドラゴンをバトルゾーンに出した時、それがそのターンに出す最初のドラゴンでなければ、「爆熱DXバトライ武神」への龍解が可能となる。

闘将銀河城ハートバーン×爆熱天守バトライ閣=大量のドラゴン

もしも「爆熱天守バトライ閣」の効果で「超戦龍覇モルトNEXT」が出た場合、その効果によって「闘将銀河城ハートバーン」を超次元ゾーンから場に出す事で、凄まじい展開力を発揮する。

詳しく説明すると、「闘将銀河城ハートバーン」によって持続的に自分のドラゴンにスピードアタッカーが付与されるので、これから「爆熱天守バトライ閣」によって踏み倒されるカードも含めて自分のすべてのドラゴンがスピードアタッカーとなる為、それらが攻撃する度に「爆熱天守バトライ閣」の効果でドラゴンが増え続け、増えたドラゴンもスピードアタッカーで出たターンから攻撃でき・・・といった具合に結果としてこの2種類のドラグハートが揃う事でデッキから大量にドラゴンが展開される事もある。

龍解

爆熱DXバトライ武神

Tブレイカー&攻撃時にドラゴンを出す

「爆熱DXバトライ武神」の面に裏返れば、その攻撃時の効果でさらに最大3体のドラゴンが山札から場に出す事ができ、踏み倒したドラゴンで相手を圧倒する事が可能。

さらに、”革命チェンジ”とドラグハートの裁定を使用して行う”閣ループ”によりデッキ内のドラゴンを踏み倒しつくし、相手の反撃を許さない物量で攻め込む戦術が狙える。

初心者には若干わかりづらいルールである為この項目で割愛するが、決して難しい事ではない。

解説記事:ループ紹介:バトライ武神革命チェンジループ

火のドラゴンが中心だが、使用する能力は多彩


伝説のレジェンド ドギラゴン

Tブレイカー&アンタップクリーチャー攻撃可&バトルに勝つと一定期間ゲームに負けなくなる

火文明で、なおかつドラゴンであるカードが中心になる、と聞けばデッキパワーは落ちるイメージがあるかもしれないが、そこは主人公が使う文明と種族。

● タップされていないクリーチャーを攻撃可能&クリーチャーとのバトルに勝つと次の自分のターンのはじめまで自分はゲームに敗北しない「伝説のレジェンドドギラゴン」
● コスト5のドラゴンでありながら相手の6000以下のクリーチャーを破壊しつつマナ加速が可能である「無双竜鬼ミツルギ・ブースト」
● 革命チェンジにより行動の幅を広げてくれる「蒼き団長ドギラゴン剣」

など、様々な火文明のドラゴンや、それらと相性の良いカードによってこのデッキが支えられている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
コメント: コメント(2)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/12/16 18:44 ] [ 編集 ]
閣でモルネクもう1枚めくれればハートバーンで大量展開って説明なら同じ動きができる永久リュウにも触れるべきでは?
[ 2018/01/09 19:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
安くて強いデッキクイズコーナー相場情報構築済みデッキランキング

ブログについて
ブログに関するお問い合わせはこちら メールフォーム
Twitter等へのスクリーンショット等を利用した記事の引用・転載はご遠慮頂きます様お願い致します。
記事検索
スポンサードリンク
このブログについて

■ブログ名:デネブログ

デュエルマスターズのデッキ、優勝デッキレシピ、コンボ、環境解説などを掲載しています。

TOP絵、相互リンク、相互RSSを募集中です。こちらからご連絡下さい。

広告掲載、情報提供、削除依頼などはメールフォームまたはTwitterのダイレクトメールにてお寄せ下さい。

頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。