新商品情報デッキアイディア&コンボ集優勝デッキレシピ集ユニークな優勝デッキレシピ集環境デッキレシピ集2ブロック構築
裁定昔のカード安くて強いデッキ3ターンキルクイズコーナー環境デッキランキング
2017.09.02 23:38

デュエルマスターズの楽しみ方は試合以外にも? 昔のカードを振り返る記事を見て懐かしむ、思い出のカードを飾る、カードで創作する等、様々な楽しみ方を紹介


思い出サムネイル2

昔デュエルマスターズを遊んでたし懐かしいけど、復帰するにはちょっと敷居が高すぎる、対戦相手が居ない・・・という方も少なくないはず。
TCGといえば基本的に試合を楽しむものですが、楽しみ方はそれだけではありません。
今回はデュエルマスターズの試合以外の楽しみ方というテーマで記事を作成しました。

・・・






デュエルマスターズの楽しみ方は試合だけじゃない? 昔のカードを懐かしむ、思い出のカードを飾る、カードで創作する等、様々な楽しみ方を紹介


昔遊んでたし懐かしいけど、復帰するにはちょっと敷居が高すぎる、対戦相手が居ない・・・という方も少なくないはず。
TCGといえば基本的に試合を楽しむものですが、楽しみ方はそれだけではありません。
そこで今回は、DMの楽しみ方の1つとして、試合以外の楽しみ方を紹介。


昔のカードを振り返る記事を見て懐かしむ


昔を懐かしむ

1弾基本編では「ボルシャック・ドラゴン」が、6弾闘魂編では「ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン」が欲しくて溜まらなかったのですが、皆さんはどうでしたでしょうか。
昔のカードを見た時に思い出が蘇るというのは昔遊んだ事のある人の特権みたいなもので、昔のカードを振り返る記事を見ると、まるで昔の写真を収めたアルバムを広げた時のような、そんな幸福感があります。

昔を振り返る記事を定期的に作成されているブログやアカウントは当ブログ以外にもあって、昔の思い出に浸るというのも中々良いものですよ。

ギガベロス

例えば自分にとって、小学生の頃に友達と遊んだ時の切り札はギガベロスでした。
皆様にとっての昔遊んでいた時の切り札はどのクリーチャーでしたか?

当ブログでは、そんな昔の思い出に浸りたい方に向けて昔のカードの思い出を振り返る記事を執筆しています。

昔の思い出を振り返る DM-01「基本編」 DMC-01「勝舞火炎デッキ」DMC-02「黒城暗黒デッキ」
昔の思い出を振り返る DM-02「進化獣降臨」DM-03「超戦士襲撃」DMC-03 「勝舞火炎強化拡張パック」DMC-04 「黒城暗黒強化拡張パック」
昔の思い出を振り返る DM-04 「闇騎士団の逆襲」

・・・

昔の思い出を振り返る DM-30 「戦国編 第3弾 戦極魂 ウルトラ・デュエル」

記事一覧はこちらからご覧下さい。→昔の思い出を振り返る (記事一覧)



シビレアシダケ

デュエマだいすきクラブさんでも振り返り記事が執筆されています。

長く再録されていない強カードを振り返る1
DM-04を振り返る
アポロニア・ドラゴンを振り返る1

記事一覧はこちらからご覧下さい。→振り返り|デュエマだいすきクラブ



思い出のデュエマ ~昔のカード紹介~さんでも昔のカードやデッキの思い出を紹介しています。
リーフボルバルという響き自体が既にとても懐かしいですよね...。

デッキ紹介・リーフボルバル


英知と追撃の宝剣


このようにして、定期的に昔のカードや思い出を紹介しているブログやアカウントをブックマークして、昔のカードの思い出に浸るというのも、デュエルマスターズの楽しみ方の1つなのではないかと思います。
当ブログでは昔のカードの思い出を振り返る記事を1ヶ月に1回程度のスパンで執筆しておりますので、ご覧頂ければ幸いです。

昔の思い出を振り返る (記事一覧)



思い出のカードを飾る


クリスタル・パラディン アクリルフレーム
バルキリー・ドラゴン&魔刻の騎士オルゲイト アクリルフレーム
クリスタル・パラディン魔刻の騎士オルゲイトバルキリー・ドラゴンサムネイル用

こちらは100円ショップSeriaで購入したアクリルフレームによって作成したものですが、かかった費用は1つ100円(税抜)です。
100円ショップ Seria以外にも、100円ショップ ダイソーや無印良品でも同様の商品が販売されているようです。

購入したアクリルフレームには、4つの留め具と四方に穴の開いた透明のアクリルが2枚入っていて、このアクリルでカードを挟んで四方を留め具で留めれば完成。
とても簡単でした。留め具は接着剤を使用しないものなので、カードの入れ替えも簡単です。
月によって変えてみても良さそうですね。

このようにアクリルフレームに挟む事で、思い出のカードをインテリアやオブジェクトのように飾る事が出来ます。

あの頃s

昔手に入れたかったカードも今では基本的に安価で購入する事が出来ます。
あの時、当てる事が出来なかった、値段が高くて手が出なかったあのスーパーレアも再録によって軒並みワンコイン以内。
中にはまだまだ活躍していて高いカードもありますが、それでも今なら手が出しやすい値段です。

初期ホイル版が手に入るうちに手に入れておくのも1つの手なのではないでしょうか。

少し話は脱線しますが、仮面ライダーファイズ/乾 巧役 半田 健人さんが語るCSM FAIZGEARを一部引用。

自分に力を与えてくれる
あと、商品を買った方の周りの方に伝えたいんですけど、「コレ、何に使うの?」って言葉だけは言わないようにしてほしいんですね。
それを言ったら、世の中にある嗜好品はなくなりますから。
何にも使えないからこその嗜好品、贅沢品なんですよ。

(中略)

人間って、ほしいと思ったものって、遅かれ早かれ絶対手に入れるんですよ。
で、後になればなるほど入手しづらくなる。
ほしいっていう気持ち、そのブームみたいなものが自分の中から去っちゃうことはあるかもしれませんけど、いつかその気持ちが復活して手に入れてしまうものなんです。

(中略)

ほしいものが手に入らなかった時のストレスって、ほしいものを買ってから「こんな高いもの買っちゃったどーしよー」と思うストレスより大きいと思うんですよね。
だから、買えるうちに買っちゃいましょうっていう。

これは仮面ライダー555の大人向け変身ベルトの商品化の際のインタビューを一部引用したものですが、デュエル・マスターズ等、様々な趣味に置き換えていえる名言ではないかと思います。

手に入るうちに手に入れて、コレクション(ファイリング)して楽しんだり、ポスターやグッズ等と同様、インテリアやオブジェクトのように飾られてみてはいかがでしょうか。



思い出のカードのグッズも


悪魔神バロム ラバーマット
引用元:http://www.fullcomp.jp/dmgp-5th/

あの「悪魔神バロム」のイラストを手掛けたittoku先生がデュエルマスターズグランプリ5th(会場:京都)でサイン会を行います。
さらに物販では「悪魔神バロム」のラバー製プレイマットやスリーブが販売されますが、当時のイラストそのままに素晴らしいデザインなので、観賞用の購入も良さそうですね。
(※大会に参加しない人は無料で入場可能、物販の購入も可能です。詳細はDMGP5th公式サイトをご覧下さい。)

ボルバルプレイマット

以前公式から交換景品として提供されていた「無双竜騎ボルバルザーク」のプレイマットや「ボルメテウス・サファイア・ドラゴン」等懐かしのクリーチャーのサプライや、過去に販売されていたデッキケース等、過去の商品がAmazon等のサイトで販売されている事がありますので、観賞用として購入してみても良さそうです。



カードで創作する


以前、シャドーボックス紹介:「三界ブッディ」「闘竜妖精ティルニア」「剛勇妖精ピーチ・プリンセス」、他という記事で紹介させて頂いたシャドーボックス「超竜サンバースト・NEX」。

超竜サンバースト・NEX シャドーボックス


画像はkanjuさんが作成されたシャドーボックス、「超竜サンバースト・NEX」です。
このように平面のカードを加工して立体化する”シャドーボックス”ですが、デュエルマスターズグランプリ等でもシャドーボックスの展示が行われています。

以前、動画紹介 「シャドーボックスの作り方」という記事で紹介させて頂いた動画ですが、



このように有志の方によってシャドーボックスの作り方講座も公開されています。
興味が沸いた方は是非こちらもご覧下さい。



最後に


・昔のカードを振り返る記事を見て懐かしむ
・思い出のカードのグッズ
・思い出のカードを飾る
・カードで創作する

といった具合で紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか。

当ブログでは初心者向け今も活躍する昔のカード昔の思い出を振り返るといったカテゴリもありますので、そちらもご覧頂ければ幸いです。



余談 レギュレーションあの頃


こちらは試合としての楽しみ方ですが、昔遊んだ人がなじみやすいレギュレーションを紹介。

エンペラー・キリコ

デュエルマスターズに興味があるもののブランクが長くて流石に手が出せないけど、昔のルールとカードなら・・・という人も少なくないはず。

そんな方にお勧めしたいレギュレーションが「レギュレーションあの頃」。
時期を設定して、その時の殿堂ルールとカードプールで試合をします。

2017年7月30日の越後CSのサブトーナメントではエボリューション・マスター開催時期のカードプールと殿堂入りで戦うレギュレーションあの頃が採用されました。

スケッチブックさんではエボリューション・マスター期に使用されていたデッキがまとめられています。

自分たちが遊んでいた時期のカードと殿堂入りで”レギュレーションあの頃”を友達と遊んでみるのも良いかもしれません。



当ブログでは記事のスクリーンショットを基本お断り頂いておりますが、この記事に関しては一部であれば構いません。(ただし、記事の1/3以内でお願い致します。)

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
コメント: コメント(3)

アクリルフレームで飾るのは思いつかなかった。自分にとって一番特別なカードとか禁断文字のドキンダムやプロモ版ガイギンガのような高額カード飾ったりして眺めるの良さそう。
[ 2017/09/03 10:32 ] [ 編集 ]
小学生の頃はオルゲイト、バロムあたりが思い出に残ってますね。バロムのクロニクルデッキで復帰した勢です。
[ 2017/09/03 19:16 ] [ 編集 ]
タワーデュエルなんか面白いですね、山札墓地共有で何が入っているかわからない闇鍋状態でのタワーデュエル。
個人的には多色のストレージから鷲掴みするのが各文明の戦略全部入りになるのでオススメです。
[ 2017/09/04 23:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
安くて強いデッキクイズコーナー相場情報構築済みデッキランキング

ブログについて
ブログに関するお問い合わせはこちら メールフォーム
Twitter等へのスクリーンショット等を利用した記事の引用・転載はご遠慮頂きます様お願い致します。
記事検索
スポンサードリンク
このブログについて

■ブログ名:デネブログ

デュエルマスターズのデッキ、優勝デッキレシピ、コンボ、環境解説などを掲載しています。

TOP絵、相互リンク、相互RSSを募集中です。こちらからご連絡下さい。

広告掲載、情報提供、削除依頼などはメールフォームまたはTwitterのダイレクトメールにてお寄せ下さい。

スポンサードリンク
頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。